小竹町新多殺人事件!父親が息子夫婦を刺す 無理心中を図ったか?現場や事件の詳細は?

スポンサーリンク


 

3月25日午後6時45分頃、

福岡県小竹町新多の住宅で、

50代の夫婦が刺される殺人事件が発生しました。

容疑者は、男性の父親で

夫婦とは同じ敷地内の別の家に住んでいたということです。

男性は搬送先の病院で亡くなりました。

 

事件の詳細や事件現場等調べてみました。

 

 

小竹町新多で殺人事件

 

25日午後6時45分ごろ、福岡県小竹町新多の民家で「人が刺されている」と女性から110番があった。
県警直方署員が駆け付けたところ、民家の敷地内で50代の男性が血を流して倒れており、病院に搬送されたが約1時間半後に死亡が確認された。他に男性の80代の父親と、通報した50代女性もけがをして搬送されたが、命に別条はない。
同署によると、死亡した男性と通報者の女性は同じ建物に住み、男性の父親は敷地内の別の建物に住んでいた。女性は「男性の父親が刺した」と話しているといい、県警は殺人事件とみて詳しい状況を調べている。
参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190326-00000003-jij-soci

 

 

事件発生現場

 

殺人事件が発生したのはどこだったのでしょうか。


参照元:毎日新聞

事件が発生したのは、福岡県小竹町新多の住宅です。

容疑者とされる父親は、被害者の夫婦とは

同じ敷地内に住んでいましたが、家は別だったということです。

 

現場はJR小竹駅から西に1kmほど離れた住宅街です。

 

 

事件の詳細

 

事件発生日 3月25日
発生時間 午後6時45分頃
犯行場所 福岡県小竹町新多の住宅
犯行内容 80代の父親が50代の夫婦を殺傷

 

容疑者とされるのは、同じ敷地内に住む

男性の父親ということです。

80代の父親は、息子の50代の男性の

腹を刃物で刺し、また男性の妻に切りつけました。

男性は病院で死亡が確認され、妻も怪我をしています。

 

また容疑者の父親自身も自ら手首を切ったということです。

男性は玄関付近で倒れており、訪ねてきた父親に

玄関で刺されたのではないでしょうか。

 

以前から父親と夫婦との間に言い争う声が聞こえていたということです。

原因は家族内のトラブルだったのではないでしょうか。

 

今回も玄関で言い争っている最中に父親が夫婦2人を刺した可能性があります。

 

 

無理心中を図った可能性

 

警察は無理心中を図った可能性があると示唆しています。

 

父親は、息子夫婦を殺傷した後、自ら手首を切って病院へ搬送されています。

現在容疑者の父親は重体ということです。

 

どのような家庭内トラブルがあったかは現在不明ですが、

数ヶ月前から言い争いが絶えなかったようです。

父親が認知症だったのか等の情報は入っておりませんが、

喧嘩に疲れてしまった可能性があります。

 

主にトラブルは親子ゲンカのようで、

父親と息子との喧嘩が多かったようです。

息子も息子で離れたところに住めばこんなことにはならなかったでしょうに。

 

 

おわりに

 

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

父親は現在重体ということです。

新たな情報が入り次第更新していきます。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

23歳新卒で出版社で働いておりましたが、1年弱で会社を辞め今はブログ一本で生活しています。 最新のニュースをこのブログでは書いて行きますので、よろしくお願いいたします。