韓国レーザー照射の真相は?国民の怒りが最高潮に!

12月20日の午後3時ころ、

海上自衛隊のP1哨戒機が、韓国海軍艦艇から

火器官制レーダー照射を受けたことが明らかとなりました。

 

これは明らかな宣戦布告行為となります。

いわゆる銃を向けられたのと同じということです。

 

今回は、どのようなことが起きたのか、国民の怒りの様子等調べてみました。

スポンサーリンク

 

韓国海軍が日本哨戒機へレーザー照射

 

20日、海上自衛隊のP1哨戒機が韓国海軍艦艇から火器管制レーダーの照射を受けていたことを受けて、岩屋毅防衛大臣が緊急会見を開いた。
レーダーの照射を受けたのは20日午後3時ごろ、能登半島沖の海上で、岩屋防衛大臣は「火器管制レーダーの照射は、基本的に実際の火器の使用に先立って実施する行為。
これを相手に照射することは、不測の事態を招きかねない、極めて危険な行為であると認識している」とコメント。きょう韓国側に強く抗議を行ったとし、「今回の事案が発生したことは極めて遺憾であり、再発防止を強く求める」と述べた。
参照元:YAHOO!ニュース

 

簡単に説明すると、自衛隊の哨戒機P1が、能登半島沖の海上で任務を行っていたところ、

韓国海軍の艦艇にレーザーポイントを照射されたということです。

 

これは、哨戒任務妨害行為にあたります。

 

レーザー照射をするということはとても危険な行為なんです。

 

今からここに向かって打ちますよ!ロックオンしましたよ!という意味なのである意味宣戦布告とも取れる行為です。

 

レーザーを受けたP1の操縦士は、命の危険を感じたかもしれません。

それくらい重大なことを韓国軍はしたんです!

 

しかもその現場が日本の排他的経済水域というのもひどい話です。

他国の領土でレーザー照射ってもはや戦争じゃないですか。

 

 

ちなみにこれが、海上自衛隊哨戒機P1です。

 

スポンサーリンク

 

韓国側の反応は?

 

これを受け、岩屋防衛大臣が緊急の会見を開きました。

 

日本側は韓国に対して「今回の事案が発生したことは極めて遺憾であり、再発防止を強く求める」と強く抗議しました。

 

韓国側はこれに対してまだ声明を出していません。

はたしてどう弁解するのでしょうか。

弁解の余地はないと思いますが。

 

今回の行為でもし、自衛隊が打ち返していたら本当に戦争状態になっていた可能性があります。

遺憾の意どころではないと思います。

 

なぜ韓国海軍がこのような行為をしたのかというのも今のところわかっていません。

韓国側は黙り込むつもりなのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

国民の感情は?

 

これを受けて、日本国民はどう思っているのでしょうか。

 

 

おわりに

 

いかがでしたでしょうか。

国民の声をみてもはやりその怒りは計り知れません。

 

韓国はいったい何がしたいんでしょうか。

何が目的なのでしょうか。

これが政府に関係ないとしたら、韓国海軍は戦争行為を行う意思があるということなのでしょうか。

 

しかし、韓国政府からの声明がない限りただの憶測でしかありません。

相手国からのコメントを待ちましょう。

スポンサーリンク




2 件のコメント

  • この事件でわかったこと
    「レイダー(radar)」と「レイザー(laser)」の区別がついてない人がすごく多いという事実ですね。音素が少ない劣等言語の悲哀。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。