北九州市若松区園児暴言した米国人は誰?保育所は?2階から落とすぞと過激な発言も

 

5月14日北九州市ではカナダ人講師が、

園児に対して暴行をしていたということが

話題となりましたが、

北九州市若松区の保育所でも、

園児に暴行や暴言を吐いている

米国人の講師がいたことが明らかとなりました。

この米国人講師は1月24日にすでに

出勤停止にしていたということです。

どんな暴行や暴言があったのでしょうか。

 

 

北九州市若松市の保育所で米国人が暴行

 

北九州市若松区の英語教育に力を入れる認可外保育施設で、30代の米国人男性講師が園児の座っている椅子を蹴ったり、暴言を吐いたりしていたことが15日、分かった。施設側の調査に暴力行為を認めた講師は今年1月に出勤停止処分を受け、その後自主退職した。北九州市は同月末、国の通知に基づく特別立ち入り調査を行い、口頭指導していた。
施設には2~6歳までの未就学児約70人が通い、外国人講師による英語学習が人気という。この講師は2016年4月から常勤で勤務していた。
市や施設によると、昨年秋ごろから講師の子どもに対する乱暴な対応が目立つようになり、施設側が注意していた。今年1月に複数の保護者から子どもへの暴言などがあったと通報があり、施設が調査した結果、講師が園児の座る椅子を蹴ったことや、「I don’t like you」「you are bad boy」といった暴言を繰り返していたことを確認した。施設は同月24日に講師を出勤停止にした後、保護者への説明会を開いた。
卒園生の保護者によると、「げんこつで背中をたたかれた」「2階の窓から投げ落とされるふりをされた」と訴えた幼児もいるという。
施設の理事長は「2階から投げるぞ」といった暴言は確認しているとした上で、「こういう事態があったということを真摯(しんし)に受け止めたい。子どもの安全を第一に考え、対応した」としている。
参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190516-00010001-nishinpc-soci

 

 

暴行があった保育所は?

 

暴行があった保育所はどこだったのでしょうか。

 

暴行があったのは、

北九州市若松区の保育所で、

2〜6歳までの未就学児約70人が通っていたということです。

 

保育所が多数あり特定には至りませんでした。

新たな情報が入り次第更新していきます。

 

 

暴行や暴言を吐いた米国人講師

 

今回問題となっている米国人講師は、

2016年4月から勤務していた30代の講師ということです。

2018年の秋ころから、

この講師の発言や行動が目立つようになってきたということで、

保育所は1月24日に出勤停止処分を受けています。

 

というのも1月に多数の保護者から暴言があったとの

通報があり施設が調査したところ、

この男性講師の異常な行動が発見されたということです。

 

暴行や暴言の内容

 

男性講師はどのような行為をしたのでしょうか。

暴行に関しては、

背中を拳骨で殴ったり、2階の窓から投げ落とされるふりをするといった行為。

 

また暴言に関しては

「I don’t like you」「You are a bad  boy』と

かなりダイレクトに暴言を吐いていたようです。

また2階から投げるぞと言った脅迫まがいなこともしていました。

 

 

SNSのコメント

 


 

追記

 

読者様からのコメントで保育所の場所がわかりました。

米国人講師による暴行事件があった保育所は

CIC英語幼児園若松校ということです。

情報提供ありがとうございます。

 

 

おわりに

 

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

英語を喋れれば誰でもいいわけじゃないと思います。

保育所がわも面接の際しっかり人柄を見て欲しいです。

2 件のコメント

  • 虐待暴言で幼い子を傷つける、、、で???周りの大人の見ぬ振りの対応もひどい。
    許せない!
    外国人が虐待をしたからとはいえ、他の大人の助けもしない事が、同じ日本人としてショックだ。

    若松区認可保育園はCIC英語幼児園若松校!!!

    ニュース動画から判明。

    何故周りの大人は何もしない!
    止めもしない、見ないふり、知らん振りは最低!
    小倉の認可保育園の動画見て、知らん顔してた先生らの顔が見てみたいフンッ(。-`へ´-。)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    23歳新卒で出版社で働いておりましたが、1年弱で会社を辞め今はブログ一本で生活しています。 最新のニュースをこのブログでは書いて行きますので、よろしくお願いいたします。