木更津市死体遺棄小野昌浩容疑者逮捕!お金がなく葬式が開けなかったか 事件性は?

 

4月21日千葉県木更津市で、

母親の遺体を6日間放置したとして、

小野昌浩容疑者死体遺棄の疑いで逮捕されました。

 

亡くなった母親は、4月16日頃に亡くなっていたということです。

小野容疑者は、火葬するお金がなく遺体を放置したと供述しています。

 

事件性はなかったのか、詳細等調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

木更津市死体遺棄事件

 

母親とみられる高齢女性の遺体を自宅に放置したとして、千葉県警木更津署は22日、死体遺棄の疑いで、自称千葉県木更津市の無職、小野昌浩容疑者(57)を逮捕した。調べに対し、容疑を認めているという。
逮捕容疑は、16日午前7時ごろから、自宅で母親とみられる高齢女性の遺体を放置したとしている。同署によると、21日午後5時半ごろ、小野容疑者が「1週間ほど前に息をしなくなった母の遺体を自宅に放置した」と110番通報。駆けつけた署員が居間にあお向けの状態で置かれていた遺体を確認した。
同署は女性の身元を確認するとともに、遺体を解剖して死因を特定する方針。
参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190422-00000531-san-l12

 

小野容疑者に兄弟や他の親族はいなかったのでしょうか。

無職となると葬式代や火葬にかかる費用は払えなかったのでしょう。

数百万円かかります。

亡くなった後、すぐに行政に届出をしていれば、

逮捕されることはなかったことでしょう。

 

スポンサーリンク

 

小野昌浩容疑者について

 

現在までに明らかとなっている小野容疑者についての

情報をまとめました。

 

名前 小野 昌浩
年齢 57歳
住所 千葉県木更津市中里
職業 無職
容疑 死体遺棄

 

小野容疑者は、自ら亡くなった母親を自宅に放置している

と警察に通報しています。

 

スポンサーリンク

 

事件性はあったのか

 

母親が亡くなったのは、4月16日午前7時頃。

小野容疑者が警察へ通報したのが、

4月21日午後5時半頃。

小野容疑者が警察へ通報するまで、6日間の日にちがあります。

 

亡くなった母親は、今に仰向けの状態で

目立った外傷はなかったということです。

司法解剖をしなければ、正確な死因はわかりませんが、

母親の年齢が80代ということで、老衰か病死だった可能性が高いのではないでしょうか。

 

小野容疑者はなぜ空白の6日間を作ってしまったのでしょうか。

仕事をしていなく火葬費用や葬式費用が出せなくても、

市役所に連絡等はできたはずです。

無職といえどもインターネットは自宅にあったでしょうに。

母親が浮かばれません。

 

スポンサーリンク

 

おわりに

 

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

今後もこのような事件が増えてきそうですね。

最後の最後に親孝行できなかったのでしょうか。

放置せず連絡を1本するだけでこんなことにはならなかったのに。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。