霧島市隼人町7歳の男児転落死亡事故!隼人港で海面に浮いているのを発見 現場はどこ?

 

4月28日午前8時頃、

鹿児島県霧島市隼人町の漁港で、

7歳の男の子が海面に浮いているのが発見されました。

男の子は発見された時にはすでに亡くなっていたということです。

 

一体何が起こったのでしょうか。

事故の詳細や現場などについて調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

霧島市隼人町の漁港で7歳の男児が転落死か

 

 

28日朝、鹿児島・霧島市の港で、7歳の男子児童が海面に浮いているのが見つかり、その後、死亡が確認された。
28日午前8時ごろ、霧島市隼人町で、「子どもが浮いている」と警察に通報があった。
発見されたのは、7歳の男子児童で、その後、死亡が確認された。
警察によると、児童の母親から「子どもが朝からいない」と、警察に相談があったという。
児童の衣服に乱れはなく、目立った外傷もないことから、警察は、何らかの原因で児童が海に転落した可能性があるとみて調べている。
参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20190428-00416888-fnn-soci

 

スポンサーリンク

 

転落事故が発生した場所

 

男の子が転落したのはどこだったのでしょうか。

 

参照元:FNN映像

男の子が発見されたのは、

鹿児島県霧島市隼人町真孝の

隼人漁協ということです。

 

スポンサーリンク

 

事故の詳細

 

4月28日午前7時ころ 母親が子供がいないことに気がつき警察へ連絡
午前8時頃 男の子が海に浮かんでいるのが発見される
午前8時過ぎ 男の子の死亡が確認
男の子が見つかった現場 霧島市隼人町真孝の隼人漁港
事故内容 男の子が誤って海に転落か

 

男の子の衣服に乱れはなく、

外傷はないということから、

男の子は何らかの原因で海へ転落し、

溺れてしまった可能性があります。

 

朝7時母親が自宅に子供がいないことを確認したということは、

それよりも前に自宅を出たということでしょうか。

一体に何の目的で海へ行ったのでしょうか。

それに両親にも何も告げないで外出するというのは少しおかしな話ですね。

 

スポンサーリンク

 

おわりに

 

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

現在男の子の死因等を調べているところです。

 

亡くなった男の子のご冥福をお祈り申し上げます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。