千葉敬愛高校で窃盗したサッカー部員判明!?既に退学済みで人生終了!

スポンサーリンク


千葉県にある私立高校、千葉敬愛高校のサッカー部14人の生徒が、

他行の生徒の現金を盗んだとして、窃盗の容疑がかけられました。

 

この事件をうけて、千葉敬愛高校側は、窃盗をしたとされるサッカー部14人の生徒に対し、自主退学を勧告しました。

いったい何が起こったのでしょうか。

また窃盗をしたとされる生徒は誰なのでしょうか。調べてみました。

 

千葉敬愛高校サッカー部14人が窃盗事件を起こす

 

千葉県四街道市の私立高校で、1年の男子生徒14人が校内や他校の生徒から現金などの盗みを繰り返していた疑いがあることがわかり、学校は全員に自主退学を勧告しました。

盗みを繰り返していたと見られているのは、千葉県四街道市にある私立高校「千葉敬愛高校」の1年の男子生徒14人です。

14人は同じ部活に所属していて、今年6月以降、校内にあったほかの生徒の電子辞書を盗んだり、他校との練習試合の際に相手生徒の財布から現金を盗んだりした疑いがあるということです。

一部の被害品はインターネットで売りに出され、被害届を受けて警察が捜査を始めたことから、学校側も盗難の事実を把握したということです。

学校の聞き取りに対して14人はいずれも盗みを認めて「遊ぶ金が欲しかった」などと話しているということで、学校は全員に自主退学するよう勧告しました。

千葉敬愛高校の安藤正夫教頭は「大変残念なことで、深くおわびします。生徒への指導を徹底し再発防止に努めます」と話しています。
参照元:首都圏 NEWS WEB

 

千葉敬愛高校とは?

 

千葉敬愛高等学校(ちばけいあいこうとうがっこう)

千葉県四街道市にある私立高等学校です。

 

校訓は「敬天愛人」

設立日は1925年4月と歴史が長い学校

 

コースは普通科のみ。

偏差値が56~64と比較的偏差値が高い私立として県内では知られています。

 

DQN等ガラの悪い生徒は少なく、文武両道に励む学校です。

 

窃盗を犯した生徒14人誰?

 

事件を起こした生徒は、千葉敬愛高校のサッカー部員14人です。

 

しかも全員1年生。

事件が起きたのは6月以降とされているので、入学してからわずか3か月で

このような犯罪を犯したことになります。

 

未成年ということもあって、犯罪者14人の顔、名前は公開されていません。

しかし、学校側はこの事件を重く受け止め

犯罪を犯した生徒14人へ自主退学を勧告しました

 

罪を犯した生徒14人はこの勧告を受け入れたそうです。

 

おそらく学校内で、生徒の名前をSNSに投稿するのを禁止するなどの措置をとっているのでしょう。

 

 

14人の犯行の詳細

 

窃盗を犯した生徒14人はライングループを作り、盗んだものを報告しあっていたとされています。

窃盗の内容は以下の通りです。

 

6月:上級生の現金を盗難

7~8月:夏休み中他行との練習試合で他行の生徒の現金を盗む(3万円以上

10月:校内イヤホンを盗難、また電子辞書も盗み、フリーマーケットアプリ「メルカリで販売

 

おそらく、時価10万円相当の盗みをしたと思われます。

 

犯行動機は、遊ぶ金が欲しかったということらしいのですが、

バイト等は禁止されていたのでしょうか。

お金が欲しいならサッカー部などに入らず、バイトと勉強を両立しようとは思わなかったのでしょうか。

 

親の顔も見てみたいものです。

 

SNSの反応は?

 

 

おわりに

 

いかがでしたでしょうか。

 

いつまでも少年法やらなんやらで、罪を犯した少年の名前や顔を伏せるのはよくないと思います。

実名報道されるべきです。

ネットでは、すでに自主退学を受け入れたから社会的制裁を受けたという意見もありますが、窃盗は実刑がつく犯罪です。

 

退学程度では、盗まれた被害者の怒りは収まりきらないでしょう。

 

いつまでも馬鹿を守る少年法は撤廃すべきです。

犯した罪の重さは成人だろうと少年だろうとおなじなのです。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

23歳新卒で出版社で働いておりましたが、1年弱で会社を辞め今はブログ一本で生活しています。 最新のニュースをこのブログでは書いて行きますので、よろしくお願いいたします。