川崎市多摩区女子大生がクレーン車にひかれ重傷する事故!現場はどこだった?

 

5月17日午前8時20分頃、

川崎市多摩区登戸の県道で、

自転車に乗っていた女性大学生が、

栗本和弥さんが運転するクレーン車にはねられる事故が発生しました。

女子大生は骨盤を折る大怪我をしています。

事故現場はどこだったのでしょうか。

事故の詳細とともに調べてみました。

 

 

川崎市多摩区で女子大生がクレーン車にひかれる事故

 

17日午前8時20分ごろ、川崎市多摩区登戸新町の県道で、自転車に乗っていた神奈川県内の私立大1年の女子学生(18)=横浜市青葉区美しが丘西=が、東京都八王子市下柚木の会社員、栗本和弥さん(26)の運転するクレーン車にはねられ、川崎市内の病院に搬送されたが、骨盤骨折などの重傷。
神奈川県警多摩署によると、現場は見通しの良い直線道路。多摩川の土手を下ってきた自転車を、直進中のクレーン車がはねたとみられるという。同署が当時の状況を詳しく調べている。
参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190517-00000544-san-soci

 

 

事故が発生した場所

 

事故が発生したのはどこだったのでしょうか。

 

事故が発生したのは、

神奈川県川崎市多摩区登戸新町の県道ということです。

多摩川の土手付近の事故でしょう。

自転車が土手から下ってきたところを、

直進していたクレーン車がはねたということです。

 

 

女子大生に過失が?

 

18歳の女子大学生が、

多摩川の土手を下っていたところ、

クレーン車にひかれたということですが、

クレーン車がまずそこまでスピードを出して

動けるとは思えません。

自転車は土手を下ってきたということで、

スピードが出ていたのではないでしょうか。

その際、ブレーキが完全に聞かないで、

直進してきたクレーン車に衝突した可能性が高いと考えら得ます。

また自転車ならながらスマホや

音楽を聴いていて周りに気がつかないこともあり得ます。

 

クレーン車を運転していた男性が

容疑者ではなく敬称で呼ばれていることから、

クレーン車を運転していた男性に非はないと

警察も判断したのではないでしょうか。

しかし本当に女子大生の方の命が助かってよかったです。

 

クレーン車の運転手の過失があったことを

運転手の方が認めたということです。

女子大生の方に非はなかったということです。

 

 

SNSのコメント

 

おそらくだけどクレーン車が無茶な運転をすることはまず考えにくい。
自転車の飛び出しとかが原因のような気がする。ともかく、事故ったら一方的に自動車が悪くなる現行法を一刻も早く改正して欲しいと思う。

 

確かにクレーン車は周りが見えにくいけどこれはないわ。
自転車はちゃんと一時停止したのかな。

 

坂道で自転車のブレーキが効きにくかったのかな?
命が助かって良かった。音楽聴いたり、携帯持って自転車乗ってる子が多いから、ブレーキ操作が遅れる危険がある。

 

俺はクレーン車の運転手さんが可哀想だと思う!どーせチャリンコが飛び出したんだら?それでも大きい方が悪くなるんだから!

 

クレーン車で暴走するのは見たことない。というかなり安全運転。
自転車の子が暴走したのでは?でもひいたほうがわるいんだよね。。。

 

 

おわりに

 

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

どちらに非があるのかというよりも、

本当に女子大生の方が無事でよかったです。

さらに詳しい情報が入り次第更新していきます。

2 件のコメント

  • クレーン車はブレーキの効きが悪くとっさのとき止れない 危ないと思ったことが何度もある

  • 当日、事故で封鎖されてたのは、多摩水道橋~マクドまでの区間です。

    多摩水道橋からは土手と同じ高さで車道が並走、その後、車道は土手下に向かい右に折れて行きます(右:マクド方面に曲がる方が直進:「道なり」です)、土手下に降りたところで土手と並走する側道があります。(車はハンドルを切ることなく進めますが、ここは左折になります。ここをウインカーも出さず、歩行者居ても一時停止せず進む車がいます)

    普通に考えると車道を走っていた自転車をクレーンが巻き込んだとみるのが正解かと思います。

    ※土手上から自転車だけが降りてきて車道に飛びだせる場面が発生する道ではありませんので
     その点、ご注意を。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    23歳新卒で出版社で働いておりましたが、1年弱で会社を辞め今はブログ一本で生活しています。 最新のニュースをこのブログでは書いて行きますので、よろしくお願いいたします。