金城信雄 利美の顔画像特定?大阪市知的障害を持つ長男を1ヶ月監禁か?長女は殺人で逮捕されていた

スポンサーリンク



 

知的障害がある長男を、

4月1日午後5時50分〜2日の2時15分まで

監禁していたとして父親の金城信雄容疑者と

母親の金城利美容疑者が逮捕されました。

息子を少なくとも1ヶ月は監禁していたということです。

事件の詳細について調べてみました。

 

 

長男を1ヶ月も部屋に監禁か

 

知的障害のある長男(22)を自宅の一室に閉じ込めたとして、大阪府警捜査1課は13日、監禁容疑で、大阪市平野区加美鞍作(かみくらつくり)のトラック運転手、金城(かねしろ)信雄容疑者(45)と妻の利美容疑者(41)を逮捕した。同課によると、監禁期間は少なくとも約1カ月にわたるとみられる。閉じ込めていた4畳の洋間はドアノブが取り外され、照明器具がなかった。長男はバケツで用を足していたという。
逮捕容疑は、4月1日午後5時50分から2日午後2時15分ごろまでの間、長男を自宅3階の一室に監禁したとしている。食事は与えており、長男の健康面に問題はないという。同課によると、「長男が外で悪さをするので夫婦で相談して閉じ込めた」といずれも容疑を認めているという。
今年4月には、三男(3)の腹部を踏みつけて死亡させたとして、府警が殺人容疑で知的障害のある長女(23)=鑑定留置中=を逮捕した。
当時、金城容疑者宅は8人家族で、この事件の捜査の過程で府警平野署員が金城容疑者宅を訪れた際、自宅3階の4畳の洋間に閉じ込められている長男を発見した。部屋のドアノブが取り外されており、内側からドアを開けることができなくなっていた。
金城容疑者らは調べに、「今年3月上旬から長男を閉じ込めていた」と供述。ただ、同課によると、長男は昨年4月ごろにも部屋で排泄(はいせつ)していたとみられ、同課は監禁がどのくらいの期間に及んでいたかについても捜査している。
参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190613-00000613-san-soci

 

 

事件が発生した場所

 

事件が発生したのはどこだったのでしょうか。

 

事件が発生したのは、

金城容疑者らの自宅である、

大阪市平野区加美鞍作です。

自宅の3階の4畳半の部屋に息子を閉じ込めていたということです。

なんと部屋には排泄用のバケツがおかれ、

シャワーなどは浴びれない環境だったということです。

 

 

金城信雄容疑者と利美容疑者について

 

この事件で父親と母親が逮捕されました。

 

名前 金城 信雄
年齢 45歳
住所 大阪市平野区加美鞍作
職業 トラック運転手
容疑 監禁

 

名前 金城 利美
年齢 41歳
住所 大阪市平野区加美鞍作
職業 作業員
容疑 監禁

 

容疑者らは容疑について

「長男が外で悪さをするので夫婦で相談して閉じ込めた」

と供述しています。

長男の健康面には問題がないということです。

 

 

金城雷斗君殺人事件で逮捕された娘がこの家だった

 

4月2日に3歳の

金城雷斗君が23歳の姉に腹を踏みつけられ、

殺害された事件が、この家で発生していたということです。

娘も知的障害があり現在鑑定留置中です。

 

この事件については以下の記事でまとめてありますので、

合わせてお読みください。

金城雷斗君殺人事件知的障害がある娘が逮捕

 

3月上旬から1ヶ月間も監禁するなんて

考えられませんね。

 

 

おわりに

 

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

知的障害があるから部屋に閉じ込めたのでしょうが、

こんなやり方はあんまりではないでしょうか。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。