井上大輔顔画像特定?勤務先や所属は?警察官が元不倫相手の交際相手が住むアパートに放火

スポンサーリンク



 

今年3月上旬、横浜市内のアパートに侵入し、

ごみ収集場に置かれた紙類などに放火したとして、

神奈川県警(警察官)巡査部長井上大輔容疑者が逮捕されました。

アパートは不倫相手の交際相手の女性が住むところでした。

井上容疑者はどうやらこの女性に対して

ストーカーをしており、恨みもあったようですね。

 

事件の詳細や井上容疑者について調べてみました。

 

 

神奈川県警巡査部長が元交際相手のアパートに放火

 

神奈川県警監察官室は18日、アパート敷地内に侵入し放火したとして、住居侵入と建造物等以外放火の容疑で、県警南署警備課の巡査部長、井上大輔容疑者(40)=横浜市緑区長津田みなみ台=を逮捕したと発表した。容疑を認めている。
逮捕容疑は3月上旬の深夜、横浜市内のアパート敷地内に侵入し、ごみ集積場に置かれた紙類に放火したとしている。
同室によると事件当時、このアパートには平成26年ごろから30年末ごろにかけ、井上容疑者と交際していた30代の女性が住んでいた。4月上旬、女性は県警に「元交際相手からストーカー行為を受けている」と相談。同月中旬、県公安委員会が井上容疑者に対し、ストーカー規制法に基づき、つきまとい行為などを止めるよう禁止命令を出した。
その後の県警の捜査で、井上容疑者が放火などを行った疑いが浮上。18日午前7時ごろ、出勤する井上容疑者を任意同行した。容疑を認めたうえで「彼女に対してうらみがあった」などと供述しているという。
同室によると井上容疑者は既婚者で、女性とは不倫関係だった。
寺沢陽公同室長は「警察官としてあるまじき行為で、誠に遺憾」とのコメントを発表した。
参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190718-00000604-san-soci

 

 

警察官としてあるまじき行為ではなく、

人間としてあるまじき行為の間違いではないでしょうか。

職業関係なく放火は重罪です。

 

 

井上大輔容疑者について勤務地や所属課

 


井上容疑者は交際していた30代の女性のアパートに侵入し、

ゴミ集積場に置かれていた紙類に放火した疑いがあります。

また今年4月中旬には、

ストーカー規制法に基づく、禁止命令も受けていました。

 

これはひどいですね。

それでは井上容疑者について現在までに判明していることを調べてみました。

 

名前 井上 大輔
年齢 40歳
住所 横浜市緑区長津田みなみ台6丁目
職業 警察官
勤務地 神奈川県警南警察署
所属課 警備課
階級 巡査部長
容疑 住居侵入と建造物等以外放火

 

 

不倫関係だった

 

井上容疑者とこの被害者の女性は、

2014~18年12月末の約4年間交際していたようですが、

その期間、井上容疑者は他の女性と結婚していたみたいです。

 

またこの女性は以前から井上容疑者にストーカー行為を

受けており、4月中旬に禁止命令を受けていました。

 

別れてからも思いをきれなかったのか、

犯行の動機は「恨みがあった」ということですが、

なんの恨みだったんでしょうか。

結婚していた女性と別れて、女性と付き合おうとしたのに

振られたなどが考えられますが、

結婚していてこんな不倫などする人が幸せになれるわけないでしょ。

 

自分のやってきたことを人に責任転嫁するのは違います。

 

 

おわりに

 

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

本当に警察官というより一男として、

本当にやってはいけないことをしましたね。

弱くて脆い心の持ち主だったんでしょう。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。