野久尾真代の顔画像特定?4歳の長女に傷跡100箇所!事件の詳細

 

1月14日〜22日にかけて、

鹿児島県いちき串木野市

4歳の長女の腰を引っ掻き全治5日の怪我を負わせたとして

母親の野久尾真代容疑者が傷害の疑いで逮捕されました。

 

被害者の長女の体には、

100箇所の傷跡があったそうです。

 

信じられない虐待です。

事件の詳細や野久尾真代容疑者について調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

長女の全身に100箇所の傷跡 野久尾真代容疑者逮捕

 

鹿児島県警は18日、長女(4)の腰や頭部にけがを負わせたとして、同県いちき串木野市袴田、水産加工会社アルバイト野久尾真代容疑者(29)を傷害容疑で逮捕し、発表した。長女の体には約100カ所の傷痕があり、県警は日常的に暴行が加えられた可能性があるとみて調べる。
野久尾容疑者は「手をあげたことは一切ない」と容疑を否認しているという。
県警によると、野久尾容疑者は1月14~16日、長女の腰に全治1週間のひっかいたような傷を、22日には頭部に全治5日の打撲傷を負わせた疑いがある。
1月22日、長女が通う福祉施設から市を介して連絡を受けた県中央児童相談所(鹿児島市)が長女を保護。児相は今月5日、県警に情報を伝えた。長女の体全体には約100カ所の傷が治癒した「瘢痕(はんこん)」と呼ばれる痕跡が見つかっている。
参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190218-00000050-asahi-soci
スポンサーリンク

 

野久尾真代容疑者について

 

現在までに判明している野久尾真代容疑者についての情報をまとめてみました。

・名前:野久尾 真代
・年齢:29歳
・住所:鹿児島県いちき串木野市
・職業:水産加工会社アルバイト
・容疑:傷害

野久尾真代容疑者は、

「手をあげたことは一切ない」と供述しています。

 

長女ということは、男の子か次女がいるということでしょう。

他の子供も虐待を受けていないか心配です。

また、旦那さんがいるかどうかの情報は入っていません。

 

顔画像についても公開はされていないため、公開され次第更新していきます。

 

スポンサーリンク

 

事件発生場所

 

野久尾真代容疑者が虐待を行なったのは、

おそらく自宅でしょう。


自宅は、鹿児島県いちき串木野市に所在しています。

 

事件の詳細

 

・事件発生日:1月14日〜16日、22日

・事件発生場所:野久尾真代容疑者の自宅

・容疑:長女の腰に全治1週間の怪我、頭に全治5日の怪我

 

野久尾真代容疑者は、

1月14日〜16日にかけて

長女の腰に全治1週間の怪我を負わせます。

傷は引っ掻いたような傷ということで、長女の皮膚は剥がれていました。

皮膚が剥がれるほどということは、

よっぽど強く引っかかなければつかない傷です。

 

1月22日

頭部に全治5日の打撲傷を負わせます。

おそらく何かで殴ったかまたは、素手で殴った可能性があります。

 

児童相談所が警察に通報し、事件が明らかとなりましたが、

長女の体には100箇所もの傷跡があったということです。

 

ここまで明らかな物的証拠がありながら、野久尾真代容疑者は、

手をあげたことは一切ない

と容疑を否認しています。

 

恐ろしい女性ですね。

明らかに虐待をずっと続けてきています。

 

スポンサーリンク

 

おわりに

 

いかがでしたでしょうか。

信じられない事件です。

虐待の原因は明らかとなっていませんが、

4歳の女の子の体に100箇所もの傷跡ってなんなんですか。

絶対に許すことができません。

 

引き続き新たな情報を探します。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。