鹿児島市紫原火事!火災で1人が怪我建物の1階が焼失 現場の画像まとめ

 

3月5日午前5時頃、

鹿児島県鹿児島市紫原のアパートから

火災が発生しました。

この火事は、1時間後に消し止められましたが、

男性1人がけがをし、1階部分が焼けたということです。

 

火事が発生した場所や現場の様子を調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

鹿児島市紫原のアパートで火災発生

 

 

5日、鹿児島市でアパートの1室を焼く火事があり、焼けた部屋に住む59歳の男性が軽いやけどを負いました。
警察によりますと5日午前5時すぎ、鹿児島市紫原6丁目のアパートで「2階が火事です」とこのアパートに住む住人から110番通報がありました。
火はおよそ1時間10分後に消し止められましたが、職業不詳の東内 大輔さん(59)が住んでいた鉄骨2階建てアパートの2階の1部屋が焼けました。
また、隣接する建物の壁の一部も焼けました。
東内さんは1人暮らしで、出火当時は家にいて軽いやけどを負い病院に運ばれましたが、命に別条はないということです。
また出火当時、アパートに在宅していたほかの住人にけがはありませんでした。
警察と消防が火事の原因を調べています。
産照元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190305-00000003-kts-l46

 

スポンサーリンク

 

火災が発生した場所

 

火災が発生したのは、どこだったのでしょうか。

 

火事が発生したのは、

鹿児島県鹿児島市紫原6丁目の

鉄骨2階建てアパートの1階部分です。

またこの火事で隣接する建物の壁も燃えたということです。

 

スポンサーリンク

 

火災現場の様子

 

火災発生現場はどのような様子だったのでしょうか。

 


参照元:KTS鹿児島テレビ映像

この火事で1人の男性がけがを負っていますが、

命に別条はないということです。

 

スポンサーリンク

 

おわりに

 

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

3月に入ってからも湿度が低い状態が続いています。

2月に比べ雨の日も多く、火災も減ると思いますが、

まだまだ油断できない状態です。

火の元の取り扱いには十分にお気をつけください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。