鹿児島市送迎バス事故 1歳の男の子がはねられ重傷 現場はどこ?

 

3月18日午後3時ころ、

鹿児島市の市道で

1歳の男の子が、幼稚園の送迎バス

はねられる事故が発生しました。

この事故で男の子は腰の骨を折る

重傷を負っています。

 

事故現場や、事故の詳細等調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

鹿児島市送迎バスが男の子をひく

 

18日午後、鹿児島市で1歳の男の子が幼稚園の送迎バスにはねられ、腰の骨を折る大けがをした。
警察によると、18日午後3時ごろ、鹿児島市の市道で1歳の男の子が幼稚園の送迎バスにはねられ、腰の骨を折る大けがをした。
男の子は、母親と一緒に事故を起こした送迎バスで帰宅するきょうだいを迎えに来ていたという。
バスに乗っていた運転手と園児に、けがはなかった。
バスを運転していた70歳の男性運転手は、「園児を降ろしバスを発車させたところ、何かに乗り上げたような違和感を感じた」と話しているという。
事故に遭った男の子の母親は「気がついたら倒れて泣いていた」と話しているということで、警察がバスの運転手や母親に話を聴き、事故の原因を調べている。
参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20190319-00414440-fnn-soci

 

スポンサーリンク

 

事故が発生した場所

 

事故が起きたのはどこだったのでしょうか。

 

事故が発生したのは、

鹿児島県鹿児島市西陵4丁目の市道ということです。

 


参照元:FNN映像

幼稚園の送迎バスがどれほどの大きさかは

わかりませんが、道はバスにとって少し狭そうです。

 

スポンサーリンク

 

事故の詳細

 

事故発生日 3月18日午後3時頃
事故現場 鹿児島市西陵4丁目の市道
事故内容 幼稚園の送迎バスが1歳の男の子をひく

 

男の子と母親は、事故が起きたバスに乗って

帰宅する兄弟を迎えに行っていたということです。

運転手の70代の男性は、

「何かに乗り上げたような感じがした」と供述しています。

男の子は、左後輪付近で倒れていたということです。

 

運転席は右側なので、園児が降りるのは左側。

そして母親や男の子もバスの左側で待っていたはずです。

 

母親は男の子を見ていなかったということでしょうか。

どこかに行ったのならすぐ気がつくはずです。

他のお母さんとおしゃべりをしていたのか、

男の子のお兄ちゃんと話しており気を許したのか、

どちらにしても、母親の近くにいたら

発生しなかった事故ではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

おわりに

 

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

1歳の男の子から目を離してはダメです。

まだ何をするかわかりませんし、

まして道路を一人で歩かせるなんて危険すぎます。

男の子が早く回復することを祈ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。