広野町常磐道事故 7人が怪我をし1人が死亡車が黒焦げになる 衝撃の映像あり

 

5月2日午前5時頃、

福島県広野町の常磐自動車道で、

乗用車2台が正面衝突する事故が発生しました。

 

この事故で8人が怪我をし1人が亡くなりました。

1台の乗用車は衝突後炎上しました。

事故現場の様子等調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

広野町常磐自動車道で死亡事故発生

 

2日朝早く、福島県広野町の常磐自動車道で乗用車どうしが正面衝突し、8人が病院に搬送され、このうち20歳の男性が死亡しました。
警察によりますと、2日午前5時前、福島県広野町上北迫の常磐自動車道で、20代男性4人が乗って、下り車線を走っていた乗用車が、上り車線にはみ出し、前から来た子ども2人を含む家族4人が乗った乗用車と正面衝突しました。
男性4人が乗った乗用車は横転して炎上し、運転していた横浜市緑区の山本大智さん(20)が病院に搬送されましたが、まもなく死亡が確認されました。
ほかの20代の男性3人と、もう一方の乗用車の家族4人もけがをして、病院で手当てを受けましたが、いずれも命に別状はないということです。
現場は、広野インターチェンジから南に約500メートル、中央分離帯にポールが立てられた上下1車線ずつの区間で、警察は、事故の詳しい原因を調べています。
この事故で、常磐自動車道のいわき四倉インターチェンジと、広野インターチェンジの間の上下線が、約4時間半にわたって通行止めになりました。
参照元:https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190502/k10011903701000.html

 

スポンサーリンク

 

事故が発生した場所

 

事故が発生したのはどこだったのでしょうか。


参照元:NHK映像

 

事故が発生したのは、

福島県広野町上北迫を通る常磐自動車道です。

 

スポンサーリンク

 

事故の詳細

 

事故は2人の子供を含む4人家族の乗用車と、

20代の男性4人が乗る乗用車が正面衝突して発生しました。

 

20代の男性らが乗る車をA、家族が乗る車をBとします。

 

Aは下り線を走っていましたが、何らかの問題があり

上り車線にはみ出しBの車と正面衝突しました。

この事故で20歳の男性が亡くなり、7人が怪我をしました。

 

なぜ上り線にはみ出したのかは現在不明ということです。

 

この事故で広野IC〜四倉IBの間の上下線で通行止めとなっていましたが、

現在は解除されています。

 

スポンサーリンク

 

現場の状況

 

ツイッターに投稿された事故発生時から現在の現場の様子をまとめました。

 


 

スポンサーリンク

 

おわりに

 

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

GW中は本当に車事故のニュースが多いですね。

 

明日からはUターンが始まります。

事故には十分にお気をつけください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。