倉敷市JFEスチール死亡事故!一酸化炭素中毒で1人死亡!一体何が起きた?

 

3月9日午前11時25分頃、

岡山県倉敷市のJFEスチール西日本製鉄所内

男性2名が一酸化炭素中毒に陥る事故が発生しました。

 

男性2名のうち、1人が亡くなっています。

またもう1名も重傷です。

 

事故の詳細等調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

倉敷市JFEスチール西日本製鉄所内で一酸化炭素中毒

 

 

9日午前11時25分ごろ、岡山県倉敷市のJFEスチール西日本製鉄所構内で男性社員2人が倒れているのを同僚が発見し、119番した。2人は病院に搬送されたが、森孝光さん(47)=同市粒浦=の死亡が確認された。県警水島署によると、一酸化炭素中毒となった可能性があり、もう1人の社員(27)は意識はあるが重症という。
同署によると、2人は溶鉱炉付近の屋外でガス管の点検作業中だった。重症の社員から「森さんが一酸化炭素中毒になった疑いがある」と同僚に報告したという。同署が事故の原因を調べている。
参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190309-00000059-mai-soci

 

スポンサーリンク

 

事故が発生した場所

 

事故が発生したのはどこだったのでしょうか。

 

事故が起きた、JFEスチール西日本製鉄所倉敷地区は

岡山県倉敷市水島川崎通1丁目に所在しています。


参照元:山陽新聞

 

スポンサーリンク

 

事故の詳細

 

被害者の2名は、溶鉱炉付近の屋外で

修繕を終えたばかりのガス管の点検作業中でした。

 

重傷の社員が、異変に気づき同僚へ連絡し、

連絡を受けた同僚が119番通報しました。

同僚が駆けつけた際、すでに2名は倒れていたということです。

1名は搬送先の病院で死亡が確認され、

同僚へ連絡した社員も現在重傷です。

 

ガス管は直径約3メートル。鉄鉱石を溶かす過程で生じる一酸化炭素が主成分の混合ガスを燃料として再利用するため、高炉から送り出していた。

 

修繕直後のガス管の点検を屋外でやっていたにも

関わらず一酸化炭素中毒になるとは、

かなりの量が漏れていたのでしょう。

一酸化炭素を検知する機器等は持っていなかったのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

おわりに

 

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

現在、なぜ一酸化炭素が漏れたか等の原因究明を行なっています。

新たなことがわかり次第

更新していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。