日本歯科大学火事!放射線物質を扱う実験室で火災が発生!現場の画像まとめ!

 

1月29日午前8時40分ころ

東京都千代田区の日本科大学

放射線物質を扱う施設の実験室で火災が発生しました!

 

この火事で放射線が外に漏れたという情報は入っておりません。

 

器具などが爆発して、男性が軽傷を負いました。

 

火事の詳細や現場の画像をまとめてみました。

 

スポンサーリンク

 

日本歯科大学で火事

 

 29日朝、東京・千代田区の日本歯科大学の放射性物質を扱う施設にある実験室で火事がありました。今のところ、放射性物質が漏れたという情報は入っていないということです。
警視庁などによりますと、午前8時40分ごろ、千代田区富士見の日本歯科大学にある放射性物質を扱う施設で、地下2階の実験室から火が出ました。器具などが爆発したとみられ、破片で男性が軽傷を負い、実験室の天井の一部が焼けたということです。
東京消防庁のハイパーレスキュー隊などが出動して、辺りは一時騒然としましたが、放射性物質が漏れたという情報は入っていないということです。警視庁は、出火原因を詳しく調べています。
参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20190129-00000092-jnn-soci

 

もし放射線物質が外部へ漏れていたら大変なことになっていました。

 

実験による火災なのか、原因は現在捜査中です。

 

スポンサーリンク

 

火災発生現場

 

火災が起きた日本歯科大学はどこにあるのでしょうか。

 

 

火災が発生したのは、東京都千代田区富士見町にある、

日本歯科大学の地下2階です。

 

都心部なので、少量の放射線でも外部に漏れていたら大変なことになっていたでしょう。

 

スポンサーリンク

 

現場の画像まとめ

 



参照元:TBS NEWS映像

放射線物質は現在のところ外に漏れたという情報はありません。

 

まあこんな都心に漏れたら一大事になるような放射線を管理しているとは思いませんが、少しでも漏れたら、かなり問題になっていたでしょう。

 

スポンサーリンク

 

おわりに

 

いかがでしたでしょうか。

 

おそらく実験中の火災だったのではないでしょうか。

 

本当に放射線が外出しなくてよかったですね。

大学側からしても安心したのではないでしょうか。

 

 




2 件のコメント

  • 初めまして。
    記事に誤りを発見したのでお伝えします。

    1月29日午前8時40分ころ
    東京都千代田区の東京歯科大学となっておりますが、東京歯科大学ではなく、日本歯科大学です。

    また、火災が起きた東京歯科大学はどこにあるのでしょうか。となっておりますが、日本歯科大学です。
    Googleマップの地図は日本歯科大学で合ってるのですが東京歯科大学と日本歯科大学が混合してるのはよろしくないと思われます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。