名張市箕曲中村福成就寺火事 火災で国の重要文化財が焼失か?現場の様子まとめ

スポンサーリンク



 

5月3日午前10時20分頃、

三重県名張市箕曲中村の「福成就寺」で火災が発生しました。

この寺は無人で火事によるけが人が出たという情報は入っておりません。

しかしこの寺には国の重要文化財があったということです。

燃えてしまったら大変なことです。

 

現場の様子をまとめてみました。

 

 

名張市箕曲中村の福成就寺で火災発生

 

3日午前、三重県名張市で寺が燃える火事があり、現在も消火活動が続いています。出火当時、寺は無人でこれまでのところケガ人の情報はありません。
3日午前10時20分ごろ三重県名張市箕曲中村の「福成就寺」で「寺が燃えている」と近くの住民から消防に通報がありました。11時半現在も消防が消火活動を続けています。
消防によりますと出火当時、寺は無人だったということで、これまでにケガ人の情報はありません。
三重県の観光連盟によりますと、この寺は鎌倉時代に建立され、遺骨などを収める「黒漆厨子」は国の重要文化財に指定されているほか、この地域で最大の石造の塔もあるということです。
参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190503-00022128-tokaiv-soci

 

 

 

火災が発生した場所

 

火災が発生したのはどこだったのでしょうか。

 

火災が発生したのは、

三重県名張市箕曲中村の福成就寺です。

このお寺は鎌倉時代に建立された歴史あるお寺のようです。

 

 

現場の様子

 

ツイッターに投稿された現場の様子をまとめました。

 


参照元:FNN

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。