糸井祥太の顔画像は?警察巡査が詐欺未遂の容疑で逮捕!容疑者は川越署刑事課所属

 

4月4日、病死した男性の遺族に

部屋の清掃が必要などと嘘をつき、

現金をだまし取ったとして、

川越署刑事課所属の巡査糸井祥太容疑者が逮捕されました。

事件の詳細や糸井容疑者について調べてみました。

 

 

川越署巡査糸井祥太容疑者が詐欺未遂で逮捕

 

 病死した男性の遺族から現金をだまし取ろうとしたとして、埼玉県警は4日、県警川越署巡査の糸井祥太容疑者(25)=川越市=を詐欺未遂の疑いで逮捕し、発表した。事実関係を一部認めているが、あいまいな供述をしているという。
捜査2課によると、逮捕容疑は3月27~31日、同市内で病死した無職男性(67)の姉(69)に電話して「(病死に伴う)部屋の清掃、遺体の搬出などに40万~50万円が必要。自分がそれを預かる」などとうそを言い、現金をだまし取ろうとした疑いがある。
男性は2月25日に死亡が確認され、糸井容疑者はほかの警察官とともに死因の調査にかかわっていた。姉の電話番号は3月26日の遺体引き渡しの際に知ったという。現金の要求を不審に思った姉が葬儀会社を通じて署に相談したことで容疑が発覚したという。
参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20190404-00000080-kyodonews-soci

 

 

糸井祥太容疑者について

 

現在までに明らかとなっている糸井容疑者についての情報をまとめました。

 

名前 糸井 祥太
年齢 25歳
住所 埼玉県川越市
職業 警察官
所属 川越署刑事課所属
階級 巡査
容疑 詐欺未遂

 

25歳で巡査ということは、大学を卒業後に

警察になったと思われます。

 

 

事件の詳細

 

男性が亡くなった日 2月25日
糸井容疑者が電話番号を知った日 3月26日
犯行日 3月27〜31日
犯行内容 部屋の清掃が必要と遺族に嘘をつき現金40〜50万円を騙し取ろうとする

 

男性が病死した際、糸井容疑者はこの男性の

死因の調査をしていたということです。

3月26日、遺体を引き渡す時に糸井容疑者は、

男性の妹の携帯電話の番号を入手しました。

 

その後、「部屋の清掃、遺体の搬出などに40〜50万円が必要。自分がそれを預かる」と男性の妹や姉に嘘をつき、現金をだまし取ろうとしました。

 

不審に思った姉が葬儀屋に連絡し、事件が発覚しました。

 

警察の立場を利用した悪質な詐欺事件です。

許される行為ではありません。

 

 

おわりに

 

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

顔画像等については公開され次第更新していきます。

また新たな情報を出てくることでしょう。

何か進展があればすぐに更新していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

23歳新卒で出版社で働いておりましたが、1年弱で会社を辞め今はブログ一本で生活しています。 最新のニュースをこのブログでは書いて行きますので、よろしくお願いいたします。