イタリアナイトクラブで死亡事件!犯人は捕まった?いったい何が起きた!?

イタリア東部のナイトクラブで12月8日未明、

パニック状態になった客たちが、出口に殺到し

未成年を含む6人が死亡する事件が発生しました。

 

いったい事件現場でなにが起きたのでしょうか。調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

イタリアのナイトクラブで死亡事故

 

イタリア東部アンコナ近郊のナイトクラブで8日未明、
客がパニックになって出口へ殺到し、少なくとも6人が死亡、100人以上が負傷した。多くが10歳代の若者だという。伊地元メディアによると、同所では当時イタリア人歌手によるコンサートが開かれる予定で、1000人近くが集まっていた。
何者かが催涙スプレーのようなものをまいた後、パニックが起こり、逃げようとした客が出口付近で折り重なったという。
非常口が使用出来なかったことが混乱に拍車をかけたとの報道もある。
参照元:Yahoo!ニュース

 

亡くなった6人の死因は圧死らしいです。

 

事件が起きたのは、12月8日午前1時(日本時間8日午前9時ころ)です。

1,000人中100人がけがをするって相当大きな騒ぎとなったのでしょう。

 

ナイトクラブの広さはそこまで大きくありませんからね。

 

圧死ってあまり想像がつかないのですが、呼吸等ができなくなってしまうのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

事件が起きた場所は?


 

事件が発生したのは、イタリア東海岸アンコナ近郊のコリナルドという地域です。

場所はナイトクラブということですが、どの店なのかは特定できませんでした。

 

スポンサーリンク

 

混乱が生じた原因は?

 

なぜ1,000人もの観客が一斉に出口に向かうようなことが起きたのでしょうか。

 

病院に搬送された16歳の少年は

「踊りながらコンサートが始まるのを待っていたら、刺激臭がした

 

どうやら密室で刺激臭がしたため、一斉に客が出口へ向かう羽目になったのですね。

 

この刺激臭というのがどうやら唐辛子のスプレーらしく、

何者かが突然唐辛子スプレーを散布した疑いがあります。

 

しかし、圧死等による死者が出たのは、セキュリティの問題らしいです。

 

「非常口の1つに向かって走ったがしまっていて、警備員に戻るように言われた」

というコメントがありました。

 

警備員がドアを開けていれば、死者も出ずに済んだかもしれませんね。

スポンサーリンク

 

おわりに

 

いかがでしたでしょうか。

 

日本のナイトクラブも危険はありますが、海外のクラブはさらに危険です。

 

海外旅行でナイトクラブに行く際は気をつけましょう。

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。