石尾潤経歴や大学SNS特定!那須塩原市で女子サッカーチームの生徒を盗撮!

スポンサーリンク



 

8月8日午後6時頃、栃木県那須塩原市の旅館で、

合宿にきていた中学生女子サッカーチームの生徒を盗撮したとして、

石尾潤容疑者が逮捕されました。

石尾容疑者は女子サッカー界では有名な方だそうで、

このような事件が起きて本当に残念です。

事件の詳細や石尾容疑者について調べてみました。

 

 

女子サッカーの監督が合宿先で生徒を盗撮

 

 中学生女子サッカーチームのコーチが、合宿先の脱衣所に盗撮目的でカメラを設置したとして逮捕された。
逮捕されたのは、NPO法人スポーツカントリーアンビスタ代表理事で、女子サッカー指導者の石尾潤容疑者(29)。
石尾容疑者は、8日午後6時ごろ、自身がコーチを務める中学生女子サッカーチームの合宿先である栃木・那須塩原市の旅館で、盗撮目的で浴場の脱衣所の壁に小型カメラを設置した疑いが持たれている。
カメラを発見した生徒たちが石尾容疑者を問い詰めると、容疑を認め、警察に出頭したという。
石尾容疑者は、ウェブサイトで「サッカーを愛する少女たちに最高の環境を」と参加を呼びかけていた。
チーム関係者は、「信頼しているコーチに裏切られた選手のケアをしていきたい」とコメントしている。
参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20190809-00422175-fnn-soci

 

女子サッカーの現状を知り、

現在の状況を変えていくためにNPO法人などを立ち上げ、

女子サッカーがもっと盛んに、そして認知されるように

取り組んできた方がこんな盗撮で捕まるなんて信じられませんね。

魔が差しただけでは選手は許すことができないでしょう。

信頼していた監督にこんなことされたら、

許すことはできません。

 

 

犯行内容について

 

 

石尾容疑者は8月8日、

自身が監督を務める中学女子サッカーチームの

合宿先である、那須塩原の旅館で、

盗撮目的で脱衣所の壁に小型カメラを設置し、

盗撮しようとした疑いがあります。

 

わざわざ小型カメラを持ってきていたということは、

合宿に行く前から盗撮をする気満々だったということですね。

そうでなければ小型カメラなんて持って行くはずがありません。

当時女子中学生は29人おり、風呂場は貸切だったということです。

 

今までもこういうことをしていた可能性があると疑われても、

何も言えない状況ではないでしょうか。

これまでの功績が全て崩れ去った瞬間ですね。

 

 

石尾潤容疑者の経歴など

 

 

石尾容疑者について現在までに判明していることを

まとめてみました。

 

名前 石尾 潤
年齢 29歳
出身地 大阪府
出身高校 國學院久我山
出身大学 早稲田大学教育学部
職業 学校法人に就職、私立大学の職員兼教員
法人 NPO法人スポーツカントリーアンビスタ
容疑 盗撮

 

大阪府出身。幼い頃からサッカーに親しみ、プロを目指してサッカーの強豪高校に進学するも夢は叶わず、早稲田大学教育学部に進学と同時に指導者に転向する。卒業後は学校法人に就職し私立大学の教員兼職員として勤務。平行してボランティアでサッカーコーチをする中、地域女子サッカーの現状を知り、2016年4月に少年少女のサッカークラブ運営を主な事業とするNPO法人スポーツカントリーアンビスタを立ち上げた。
参照元:https://www.business-plus.net/interview/1711/k3764.html?page=1

 

2016年に立ち上げたNPO法人は、

現在31人にまで増えており、石尾容疑者に賛同する方が

増えてきたところだったようですね。

 

 

FacebookやTwitter

 

石尾容疑者のSNSを特定しました。

こちらがFacebookとなります。

 


こちらがTwitterです。

本田圭佑さんともこのように話をできるなんて素晴らしい方だったんですね。

 

 

おわりに

 

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

被害に遭われた女子生徒がこれを機にサッカーをやめてしまうことがないように、

しっかりサポートしていただきたいと思います。

今までの努力が全て水の泡ですね。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。