井の頭公園遺体発見 60〜70代の女性が溺死か 自殺や事故の可能性が高い?現場は規制線が張られる

 

4月18日午前6時50分頃、

東京都三鷹市の井の頭公園の池

女性が浮いているのが発見されました。

女性は病院へ運ばれましたが、亡くなりました

女性は60歳〜70歳くらいとされており、

目立った外傷等はないということです。

 

詳細や現場の様子等調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

井の頭公園で女性の遺体発見

 

18日朝、東京・三鷹市の井の頭公園の池に60歳から70歳とみられる女性が浮いているのが見つかり、その後、死亡しました。警視庁は事件と事故の両面で調べています。
18日午前6時50分ごろ、三鷹市の井の頭公園の池で「人が浮いている」と近くの交番に通報がありました。警察や消防が駆けつけたところ、井の頭公園の池に60歳から70歳とみられる女性が浮いているのが見つかりました。女性は意識不明の状態で病院に運ばれましたが、まもなく死亡が確認されました。
警視庁によりますと、女性の体に目立った傷は見つかっておらず、死後まもないとみられるということです。女性の服は軽装で、靴を履いていたということで、警視庁は女性の身元の確認を進めるとともに、事件と事故の両面で現場の状況を詳しく調べています。
参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20190418-00000026-jnn-soci

 

スポンサーリンク

 

遺体が発見された場所

 

 

遺体が発見されたのはどこだったのでしょうか。


参照元:JNN映像

 

女性が浮いているのが発見されたのは、

東京都三鷹市にある井の頭公園の池です。

 

スポンサーリンク

 

転落事故の可能性

 

女性が発見された当時、

死後間もないとみられ、目立った外傷はありませんでした。

また服装も軽装で靴を履いていたということで、

事件性や自殺の線はなさそうです。

 

井の頭公園は朝ウォーキングをしている方が多いです。

4月18日は暖かいため、軽装で運動をしていた可能性が高いのではないでしょうか。

現場は低い柵があるため、そのまま転落するというのは考えいにくいですが、

例えば柵に座っていたときに、誤って後ろに倒れてしまい

池に落ちてしまったということも考えられます。

高齢者で突然池に落ちたため、パニックになり水を飲んでしまった可能性もあります。

 

スポンサーリンク

 

現場の様子

 

ツイッターに投稿された現場の様子をまとめました。

 

 

スポンサーリンク

 

おわりに

 

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

女性の死因等は現在わかっておりません。

新たな情報が入り次第更新していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。