今別町乳児死体遺棄事件の真相や現場は?くみ取り式トイレの中に赤ちゃんの遺体

 

3月1日午前10時頃、

青森県今別町の民家にある

くみ取り式トイレの中に、生後間もない

乳児の遺体が発見されました。

 

乳児には、へその緒や対バンがついたままだったということです。

遺体が発見された当時、

住人は不在だったということです。

事件の詳細や遺体が発見された場所等調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

青森県今別町の住宅のくみ取り式トイレから乳児の遺体

 

1日午前9時50分ごろ、青森県今別町の住宅敷地内にあるくみ取り式トイレのタンク内で「赤ちゃんの頭のようなものが見える」と、くみ取り作業中の業者が110番した。救急隊員が生後間もない乳児を発見。既に死亡しており、県警は死体遺棄事件とみて、家の住人から事情を聴くなど捜査を始めた。
県警捜査1課によると、遺体は女児で身長50センチくらい。衣服は身につけておらず、へその緒や胎盤がついたままだった。目立った外傷はなかったといい、県警は司法解剖して詳しい死因を調べる。
複数の近所の人によると、この住宅は4人家族。遺体発見時、住人は不在で、業者は依頼を受けてくみ取り作業に来ていた。トイレは普段から住人が使っており、業者が最後にタンク内を清掃したのは今年1月ごろだったという。
近所の70代女性は1日午前10時ごろにサイレンの音を聞き、外に出たという。「救急車やパトカーが来て、見ると規制線が張られていて誰か倒れたのかと思った。近くでこんなことがあるなんてびっくりしている」と心配そうに話した。
参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190301-00000054-mai-soci

 

スポンサーリンク

 

乳児の遺体が発見された場所

 

乳児の遺体が発見された場所はどこだったのでしょうか。

 

乳児の遺体が発見されたのは、

青森県今別町大川平にある民家です。

 


参照元:NNN映像

こちらが実際に乳児の遺体が発見された民家です。

参照元:NNN映像

こちらがくみ取り式のトイレでしょうか。

現場はJR津軽線の大川平駅から西に200メートルほど離れた住宅地

 

スポンサーリンク

 

事件の詳細

 

遺体発生日 3月1日
時間 午前9時50分頃
遺体発見場所 青森県今別町大川平にある民家のくみ取り式トイレの中
遺体の状況 ・目立った外傷はなし
・胎盤やへその緒がついた状態
・身長は50cmで衣服は身につけていない状態

 

事件が明らかとなったのは、

乳児の遺体が発見された民家の住人から

依頼を受けてやってきたくみ取り業者の方が

遺体を発見したためです。

この民家には4人が住んでいるそうですが、

遺体発見当時不在だったということです。

 

亡くなった乳児は生まれたばかりだったのでしょう。

胎盤やへその緒がついていたということです。

 

一番初めに疑うのは、このくみ取り式トイレの使用者ですが、

また、他の人物が住居に侵入し遺体を遺棄した可能性があります。

業者を自ら呼んでおいて、遺体を隠していることを忘れるなんてことがあり得るのでしょうか。

遺体のことは嫌でも頭から離れないはずです。

そう考えると、他の人物が遺棄した可能性が高いような気がします。

 

スポンサーリンク

 

おわりに

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

残酷な事件です。

筆者はくみ取り式のトイレを使用したことがないので

わからないのですが、衛生状態も悪いし臭いもきついのではないでしょうか。

そんな中に生まれたばかりの赤ちゃんを遺棄できることが理解できません。

早く容疑者が見つかることを祈ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。