今治市立西中学校体罰か生徒にころすやしねと言った不適切指導をした教師は誰?

スポンサーリンク



 

愛媛県にある今治市立西中学校の教師が、

生徒に対して「ころす」「しね」といった暴言や、

肩を突き飛ばすなどの体罰をしていたことが、

匿名の通報で明らかとなりました。

アンケートをした結果、複数の回答があったことも公表されています。

全国で体罰や暴言と言った不適切指導が問題となっている今、

なぜまたこのようなことが起きてしまったのでしょうか。

 

 

今治市立西中学校で不適切指導か

 

 愛媛県の今治市立西中学校で、教師が生徒に対して、「殺すぞ」、「死ね」などの暴言や、頬をつねったり、肩を突き飛ばすなどの体罰をしていると、保護者を名乗る人物から匿名の通報があった。
これを受け、学校側が全校生徒を対象にアンケート調査をしたところ、「不適切な指導」が複数あったことが判明し、16日夜、学校が保護者への説明会を開くという。
参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20190716-00420878-fnn-soci

 

 

 

今治市立西中学校とは

 

今回不適切指導が問題となったのは、

愛媛県にある今治市立西中学校です。

 

 

今治市立西中学校は、

愛媛県今治市山路554−3に位置しています。

 

平成31年4月時点で生徒は552名。

昭和39年にできた学校のようです。

 

教育方針(望ましい生徒像、望ましい教師像)
→学校は、楽しく学び合い、生きる目標を探すところ
参照元:今治市立西中学校HP

 

 

どのような不適切指導があったのか

 


 

今回保護者を名乗る匿名の人物から、

教師が生徒に対して「ころす」「しね」といった暴言や、

肩を突き飛ばすなど体罰とも取れる行為があったということです。

 

この指導が部活動で行われたのか、

それとも教室内、授業中に行われたのかは現在わかっておりません。

しかしこれだけ強くいうということは、

部活動での指導の可能性が高そうですね。

 

また全校生徒にアンケートを取った結果、

複数の生徒が、不適切な指導があったと回答しています。

 

生徒たちは、行きすぎた指導と知りながら、

恐怖からなかなかいうことができなかったのでしょう。

現在どの教師がこのような行為をしたのかはわかっておりません。

1人かもしれませんし、複数の教師がやっていた可能性があります。

 

 

おわりに

 

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

教師がどのような処分を受けるのか、厳重注意だけなのかは現在わかっておりません。

新たな情報が入り次第更新していきます。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。