池袋スタンガン事件!一体何が起きた?犯人の男の顔が公開?目撃情報多数!

 

12月24日、東京メトロ有楽町線池袋駅の改札近くで、

口論となった男性がスタンガンで相手に怪我をさせるという事件が発生しました。

 

この男は現行犯逮捕されました。

 

一体何が起こったのでしょうか。

また犯人の顔などは特定されているのでしょうか。調べてみました。

 

有楽町線池袋駅の改札付近でスタンガンを用いた事件発生

 

東京の池袋駅で、30代の男性がトラブルとなった男にスタンガンを当てられ、ケガをする事件があった。男はその場で現行犯逮捕された。
事件があったのは、東京メトロ有楽町線・池袋駅の改札口近く。警視庁によると、24日正午過ぎ、30代の男性が40代の男にスタンガンを当てられ、軽いケガをしたという。駆けつけた警察官が、スタンガンを当てた男を暴行の疑いで現行犯逮捕した。2人は何らかの原因で、胸ぐらをつかみ合って顔を殴るなどのトラブルになっていたという。
逮捕された男はスタンガンについて、「護身用に持っていた」などと話しているという。
参照元:livedoorNEWS

 

 

喧嘩をした2人の関係性は?

 

この事件に関係している、30代と40代の男性は

どのような関係性だったのでしょうか。

 

2人は全く面識はなかったそうです。

なぜ喧嘩を始めたのかは現在捜査中ですが、

2人は東京メトロ池袋駅の改札付近で胸ぐらを使いあっていたそうです。

 

スタンガンを当てられた男性は、病院へ緊急搬送されました。

スタンガンは殺傷性はありませんが、十分に人体へ影響を与える力はあります。

 

本日は、祝日で人も大勢いたと思います。

肩か何かに当たって口論になったのでしょうか。

東京ではよくあることです。

 

原因がわかり次第更新していきたいと思います。

 

 

スタンガンを持った男の顔は?

 

池袋という、大勢の人が行き交う改札付近での事件ですので、

きっと顔を見た方も多いのではないでしょうか。

 

Twitter等で探して見ましたが、犯人の顔がわかるものはありませんでした。

 

メディアも顔は写していません。

 

男はなぜスタンガンを所持していたのか

 

一番の問題は、「容疑者がなぜスタンガンを持ち歩いていたのか」

ということです。

 

警察への供述では、「護身用のため」とのことでしたが、

40代の男性が護身用にスタンガンが必要でしょうか。

 

 

過去に何か襲われた経験があるのか、中年狩りにあったのか。

理由はわかりませんが、相当な理由がないとスタンガンなど持ち歩かないでしょう。

 

東京は夜は危ない場所もあります。

護身用に何か持つのはいいことですが、スタンガンはやりすぎではないでしょうか。

 

 

ネットの反応は?

 

 

おわりに

 

もちろん喧嘩から始まったことなので、スタンガンを使った40代の男が100%悪いとは言い切れませんが、

 

それでもスタンガンはやりすぎではないでしょうか。

 

近くに止める人はいなかったのでしょうか。

 

東京は最近は治安がいいとされてきましたが、やはりまだまだですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

23歳新卒で出版社で働いておりましたが、1年弱で会社を辞め今はブログ一本で生活しています。 最新のニュースをこのブログでは書いて行きますので、よろしくお願いいたします。