富士見市勝瀬死亡事故!女性が3台の車にはねられ死亡!事件の詳細は!?

スポンサーリンク


 

1月14日午後10時15分頃、

埼玉県富士見市勝瀬で女性が車3台に立て続けに

はねられる事故が発生しました。

 

車を運転していた3人はすでに逮捕されています。

 

しかし、この女性は、3台の車にはねられる前に

すでにひかれていた可能性もあるそうです。

 

なんともひどい事件ですね。

 

事件の詳細を調べてみました。

 

 

富士見市勝瀬で死亡事故発生

 

14日午後10時15分頃、埼玉県富士見市勝瀬の国道254号で、路上にいた女性が乗用車3台に立て続けにひかれ、死亡した。東入間署は、このうち2台の乗用車を運転していた自称東京都新宿区西早稲田、会社員の男(30)、埼玉県川越市木野目、会社員の男(35)を自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致傷)の容疑で現行犯逮捕し、過失運転致死容疑で調べている。
残り1台の乗用車はその場を離れてしばらくしてから戻り、運転していた川越市の介護職員の男(39)から同署が事情を聞いている。現場は片側2車線の直線道路で、信号機はなかった。同署で女性の身元を確認している。
参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190115-00050048-yom-soci

 

ひどい事故です。

女性は身元も判明できないほど損傷が激しいのでしょうか。

亡くなった女性は、30代〜70代ということしかわかっていません。

 

 

事故が発生した場所は?

 

事故が発生した場所を調べてみました。

 

事故が発生したのは、埼玉県富士見市勝瀬を通る国道254号線です。

 

 

女性をひいた3人の容疑者は?

 

女性をひいた3人の容疑者は誰なのでしょうか。

 

原田直樹容疑者

 

女性をひいた1台目の車を運転していたのは、原田直樹容疑者です。

 

・名前:原田 直樹
・年齢:30歳
・住所:東京都新宿区西早稲田2丁目
・職業:会社員
・容疑:自動車運転死傷行為処罰法違反

39歳介護職員

 

女性をひいた2台目の車を運転していたのは、

39歳の介護職員です。

 

39歳の介護職員の方の名前は現在公表されていません。

容疑は自動車運転死傷行為処罰法違反とひき逃げです。

 

39歳の介護職員の男性は、救護措置を取らず一度現場から立ち去ったため、ひき逃げの容疑もかかっています。

 

塚田博文容疑者

 

女性をひいた3台目の車を運転していたのが、塚田博文容疑者です。

 

・名前:塚田 博文
・年齢:35歳
・住所:埼玉県川越市木野目
・職業:会社員
・容疑:自動車運転死傷行為処罰法違反

 

 

事件の詳細は?

 

事件が起きたのは、1月14日午後10時15分頃です。

 

一番最初に女性をひいたとされている原田容疑者が、

警察へ「歩行者と車が接触する事故を起こした」と110番通報します。

 

通報した時、女性はおそらく3台にひかれた後だったのではないでしょうか。

 

警察が到着した時、原田容疑者と塚田容疑者が一緒にいたそうです。

 

その後、2番目に女性をひいたとされている介護職員の男性も戻ってきました。

 

原田容疑者は

「女性が道路に倒れていた」と証言していることから、

すでに女性はひかれていた可能性があります。

 

一番最初にひいたとされる原田容疑者の証言が今後重要度を増してきますね。

 

 

おわりに

 

いかがでしたでしょうか。

 

この事故を見てみると、

ひいてしまった3人の容疑はどうやらまだ固まっていないように感じます。

なぜ2人の名前を公開したのでしょうか。

またなぜ介護職員の男性だけ名前を公表しないのでしょうか。

 

新しい情報が入り次第更新していきます。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

23歳新卒で出版社で働いておりましたが、1年弱で会社を辞め今はブログ一本で生活しています。 最新のニュースをこのブログでは書いて行きますので、よろしくお願いいたします。