福岡市中央区死亡事故!現場の画像や事故発生現場特定!井下雅博さんが死亡

 

2月4日午後10時10分頃、

福岡市中央区赤坂の国道202号線で、

乗用車(プリウス)とタクシーが正面衝突する事故が発生しました。

 

タクシーに乗っていた井下雅博さんが

頭を強く打ち亡くなりました

また、プリウスを運転していた18歳の女性と

タクシーの運転手も胸などを負傷し、病院へ搬送されています。

 

原因は、プリウスに乗っていた女性が

カーナビを見ていたために事故が起こりました。

 

事故の詳細や、事故現場、画像等まとめてみました。

 

スポンサーリンク

 

福岡市中央区赤坂で死亡事故発生

 

4日夜、福岡市で乗用車がタクシーと衝突してタクシーの乗客が死亡した事故で、乗用車を運転していた女性が「カーナビに気を取られた」と話していることが分かりました。
警察によりますと、午後10時すぎ、福岡市中央区で18歳の女性が運転する乗用車がタクシーと正面衝突しました。この事故で、タクシーの後部座席に乗っていた乗客で福岡高等検察庁・総務課長の井下雅博さん(56)が頭を強く打ち、まもなく死亡しました。乗用車を運転していた女性とタクシー運転手の男性(51)は軽傷です。現場は緩やかなカーブで、乗用車の女性は「カーナビに気を取られた」と話しているということです。ブレーキ痕もなく、警察は女性がカーブに気付かずに対向車線のタクシーに衝突したとみて詳しく調べています。
参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20190205-00000016-ann-soci

カーナビを見ていて対向車と正面衝突って

一体どんな運転をしていたのでしょうか。

 

プリウスを運転していた女性と、

タクシーを運転していた男性が病院へ運ばれましたが、

命に別状はないということです。

しかし、タクシーに乗っていた

井下雅博さんが頭を強く打ち亡くなっています。

 

スポンサーリンク

 

事故発生現場

 

事故が起きたのはどの辺りだったのでしょうか。

 

事故が起きたのは、福岡県福岡市中央区赤坂3丁目の

国道202号線です。

 

現場は、片側2車線の緩やかなカーブがあるところです。

 

見通しも良く事故が起こるような場所ではないそうです。

 

スポンサーリンク

 

事故の死傷者の情報

 

 

・名前:井下 雅博さん
・年齢:56歳
・住所:福岡県福岡市城南区茶山2丁目
・職業:福岡高検総務課課長
・状態:頭を強く打ち死亡

 

プリウスの運転手
・名前:不明
:年齢:18歳
・住所:福岡県小郡市
・職業:アルバイト
・状態:胸などを負傷
タクシードライバー
・名前:不明
・年齢:51歳
・住所:福岡県糸島市
・職業:タクシードライバー
・状態:胸などを負傷
スポンサーリンク

 

現場の様子

 

現場はどのような様子だったのでしょうか。

 

 


参照元:ANN映像

 

画像を見ると本当に激しく衝突しているのがわかります。

 

おそらく亡くなった井下さんはシートベルトをしていなかったのではないでしょうか。

 

また、プリウスが道路からはみ出して

対向車線に向かっていたのがわかりますね。

 

スポンサーリンク

 

おわりに

 

いかがでしたでしょうか。

 

プリウスを運転していた女性は

カーナビをガン見していたのでしょうか。

そうじゃなかったら対向車線にはみ出しているのにもすぐ気がつくはずです。

 

この事故で、シートベルトの重要性がさらに理解できたのではないでしょうか。

 

後部座席でもシートベルトをしなければなりませんよ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。