豊明栄病院死亡事故自殺?他殺?80代の男性が口と鼻にトイレットペーパーを詰め込まれる

 

6月9日午前5時半頃、

愛知県豊明市の豊明栄病院で、

80代の男性が心肺停止の状態で倒れているのが発見されました。

男性の鼻と口にはトイレットペーパーが

詰め込まれていたということです。

 

一体何が起きたのでしょうか。

詳細について調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

豊明栄病院で男性の鼻や口にトイレットペーパーが詰め込まれる

 

9日午前5時半ごろ、愛知県豊明市の「豊明栄病院」の病室で、80歳代くらいの男性が心肺停止で倒れているのをおむつ交換にきた看護師が見つけた。男性の鼻と口にはトイレットペーパーが詰め込まれていたといい、その後、死亡が確認された。愛知署は自殺と他殺の両面で調べている。
同署によると、倒れていたのは2015年2月から入院中の男性と見られ、病室内の布団の上に倒れていた。鼻のほか、口にはこぶし大のトイレットペーパーが入っていたという。病室は8人部屋で、8日午後7時ごろ、看護師が病室を見回った際には問題はなかったという。
参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190609-00000013-asahi-soci

 

スポンサーリンク

 

事件が起きた病院は?

 

男性がなくなった病院はどこだったのでしょうか。

 

 

 

事件または事故が発生した病院は、

愛知県豊明市栄町大根1−395にある

豊明栄病院です。

 

病院自体は精神科及び内科のようですが、

付属施設に共同生活援助事業所「グループホーム豊明」 精神科デイケア

があるということです。

おそらく亡くなった男性はグループホームのように入所していたのでしょう。

 

スポンサーリンク

 

自殺か他殺か

 

まず男性が発見された状態ですが、

鼻と口にトイレットペーパーが詰め込まれた状態だったと

いうことです。

死因は心肺停止。

 

発見されたのは6月9日午前5時半頃です。

最後に見たのは、看護師が病室を見回っていた

6月8日午後7時ということです。

 

80歳の男性でもし認知症があった場合、

自分でトイレットペーパーを詰め込んでしまった可能性が高いのではないでしょうか。

またここは精神科ということもあり、

精神的に問題があった可能性もあります。

 

また他殺の場合は、同じ病院内の患者がしたということも考えられます。

口だけではなく鼻にまでということは、

裏を返せば相当な殺意があったことがわかります。

いびきがうるさくて突っ込んだということも考えられるのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

SNSのコメント

 

 

認知症などで色んなものを詰め込む人もいますね…
オムツを食べてポリマーの膨張で窒息したとかもありましたね。
完全看護と言えども難しさはあります。
ただ、こういう行為は初めてでも無いのではと思うこともできます。
職員でなければ分かりませんけどね。

 

自殺の可能性もあります。
認知症の患者は、何をしでかすかわかりません。なので、何でもかんでも患者の周りに置いてはいけません。
よくあるのは点滴抜去ですが、自分の身体を噛む、タオルやティッシュを食べるなども突然行います。私は患者自身が自分の首を絞める瞬間を目撃したことがあります。その患者は筋力低下しているはずなのに、恐ろしい力でした。
他殺も考えられますが、自殺だとしても抑制で防げた可能性もありますね。

 

完全看護であろう院内での不可解な事件事故。早急に明らかにしてもらいたいです。

 

消灯後の巡視はどうしていたのか知りたい。
もし認知症ならば尚更のことです。

 

他殺の可能性は低いと思う。メリットが見当たらない。

 

スポンサーリンク

 

おわりに

 

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

不可解な事件または事故です。

新たな情報が入り次第更新していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。