本庶佑は誰の弟子だった?師匠の意志を継いだ感動のノーベル医学生理学賞!

スポンサーリンク



 

本日10月1日、スウェーデンのカロリンスカ研究所は、

2018年のノーベル生理学・医学賞を本庶 佑(ほんじょ たすく)氏ら2人に

贈呈しました。

史上5人目の日本人ノーベル生理学・医学賞を受賞した本庶佑氏は、なにを評価されたのか、どんな人なのか、誰の弟子だったのかをご説明していきます。

 

本庶佑氏のプロフィール

 

・氏名:本庶 佑(ほんじょ たすく)
・生年月日:1942年1月27日
・年齢:76歳
・学歴
京都大学医学部進学課程修了
京都大学医学部専門課程卒業
京都大学大学院医学研究科修了
・主な研究機関
京都大学:京都大学医学部副手→京都大学医学部教授→京都大学大学院医学研究科教授→京都大学大学院医学研究科研究科長→京都大学医学部学部長東京大学:東京大学医学部助手大阪大学:大阪大学医学部教授

静岡県立大学:静岡県公立大学法人理事長(第3代)

その他、内閣府総合科学技術会議議員なども歴任しました。

 

受賞歴

 

1978年 – 日本生化学会奨励賞

1981年 野口英世記念医学賞(第25回)感染免疫領域における遺伝子表現変換機構の解析

1984年 大阪科学賞・木原賞1985年 – ベルツ賞

1988年 – 武田医学賞

1992年 – ベーリング北里賞

1993年 – 上原賞

1996年 – 恩賜賞・日本学士院賞

2012年 – ロベルト・コッホ賞

2014年 – 唐奨

2014年 – ウィリアム・コーリー賞

2016年 京都賞基礎科学部門・慶應医学賞・トムソン・ロイター引用栄誉賞 (現クラリベイト・アナリティクス引用栄誉賞)

2017年 復旦-中植科学賞・ウォーレン・アルパート財団賞

2018年 ノーベル生理学・医学賞

 

栄典歴

 

1991-1996年 米国Fogerty Scholar-in-residence at NIH

2000年 – 文化功労者

2001年 – 米国科学アカデミー外国人会員

2003年 – ドイツ国立科学アカデミー・レオポルディーナ外国人会員

2005年 – 日本学士院会員、京都大学名誉教授

2013年 – 文化勲章

 

日本人史上5人目のノーベル生理学・医学賞

 

本庶佑氏は実は、日本人史上5人目となるノーベル生理学・医学賞受賞者となります。

 

これまでの受賞者は、利根川 進氏(1987年)・山中 伸弥氏(2012年)・大村 智氏(2015年)・大隈 良典氏(2016年)

上記の方々を含め、本庶 佑氏で5人目となります。

 

ノーベル賞生理学・医学賞の授賞理由は?

 

授賞理由は「免役抑制の阻害によるがん療法の発見」です。

 

本庶佑氏は、1992年に、免疫細胞の表面に新たな分子があることを発見し、

これを「PD-1」と名付けました。

このPD-1は、がん細胞を攻撃する免疫細胞の力を弱める働きをするそうです。

また、PD-1と同じ働きをもつ「CTLA-4」も発見しています。

 

これらの分子の機能を弱める薬「オプシーボ」を開発したことにより、脚光を浴びました。

既に、皮膚がんや肺がんなどに対する新薬として実用化しています。

 

本庶佑氏はだれの弟子だったの?

 

本庶佑氏は京都大学の名誉教授であった、早石修博士の弟子でした。

 

早石修博士のプロフィール

 

・名前:早石 修(はやいし おさむ)
・生年月日:1920年1月8日
・死没:2015年12月17日 満95歳
・出生地:アメリカ合衆国カルフォルニア州生まれ→日本京都
・出身大学:大阪帝国大学

早石修博士の専門は、生化学、医化学。

アメリカと日本で活躍し、「酸素添加酵素」という、酸化還元酵素の1種を発見し、

ノーベル賞候補に選ばれました。

 

本庶佑氏との出会いは、本庶氏が京都大学医学部へ入学してからです。

本庶氏が大学2年生の時、アメリカから帰ってきた早石博士に興味を持ち、弟子入り(早石研)したそうです。

 

早石博士は、当時、アメリカでNIHの研究助成金を外国人で初めて獲得した人物であり、早石博士の研究室は当時として、最新鋭のものが設置されていました。

 

早石博士は「京大で世界に通用する研究者を育てたい」という願いを込めていたそうです。

 

この願いがついに叶いましたね。

お弟子さんの本庶佑氏がついに、世界最高峰の賞ノーベル賞を受賞しました。

子弟でつかんだ感慨深い賞となりました。

 

おわりに

 

いかがでしたでしょうか。

本庶佑氏はとても偉大な博士のお弟子さんでした。

もし、京都大学で、最新鋭の器具がなかったら、ノーベル賞を獲得していなかったかもしれません、

子弟で獲得したノーベル賞はといっても過言ではないと思います。

おめでとうございました。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。