広島バスセンター毒物散布?事件?緊急車両が集結!スプレーが原因だった?現場の様子まとめ

スポンサーリンク



 

7月27日広島市中区にある広島バスセンター付近で、

毒物が散布されたとのことで、警察車両や消防車両が集まり、

現場周辺は封鎖されていました。

一体何が起きたのでしょうか。

現場の様子を調べてみました。

 

 

 

広島バスセンター付近で毒物散布?


騒動があったのは、

広島県広島市中区基町6丁目にある

広島バスセンター付近です。

 

 

毒物が撒かれたとの情報でしたが、

実際はそのようなことはなく、現在引き返しているようですね。

 

 

報道内容

 

事件の実態が明らかとなりました。

27日午後6時45分ごろ、広島市中区の「広島バスセンター」で、「男がスプレーをまいて逃げた」と110番通報があった。広島県警広島中央署によると、近くにいた女性6人が目の痛みを訴え、うち3人が病院に搬送された。いずれも命に別条はないという。
同署によると、バスセンターに併設されている「そごう広島店」内の書店で、本を万引きした疑いがある男に保安員の女性が声をかけたところ、もみ合いに。その際、男は持っていたスプレーのようなものを噴きかけて逃走した。
男は50~70代くらいで、黒い半袖のTシャツに半ズボン、灰色の野球帽と眼鏡を着用していたという。同署は強盗容疑などで男の行方を追っている。
参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190727-00000093-asahi-soci

 

どうやら万引きをした男が、

スプレーをまいて逃走しているということです。

 

 

 

現場の様子

 

ツイッターに投稿された現場の様子をまとめました。

 

 

 

おわりに

 

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

どうやら催涙スプレーが撒かれたようです。

毒物ではなくて本当に良かったです。

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。