樋口寿明顔画像は?広島市職員が酒気帯び運転 青信号なのに停車し続ける

スポンサーリンク



 

6月15日午前1時半頃、

広島市東区の県道で、青信号になっても動かない車がある

と警察に連絡がありました。

この車に乗っていたのは、

広島市の職員で基準値の2倍のアルコールが検出されたということです。

警察は樋口寿明容疑者を酒気帯び運転の疑いで逮捕しました。

事件の詳細について調べてみました。

 

 

広島市職員が酒気帯び運転で逮捕

 

きょう15日未明、広島市東区の路上で広島市職員の男が酒を飲んで車を運転したとして、酒気帯び運転で現行犯逮捕されました。
逮捕されたのは、広島市東区の広島市職員、樋口寿明容疑者(55)です。
きょう午前1時半ごろ広島市東区の県道で「青信号になっても動かない車がいる」と警察に通報がありました。
警察官が駆け付け職務質問したところ軽自動車を運転していた樋口容疑者の呼気から基準値の約2倍にあたるアルコールが検出されたため、樋口容疑者を酒気帯び運転で現行犯逮捕しました。
調べに対して「酒を飲んで運転していた」と容疑を認めています。
樋口容疑者は広島市食肉市場に勤める食肉指導員だということで、警察は詳しい犯行の経緯などを調べています。
参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190615-00000002-tssv-l34

 

 

樋口容疑者が逮捕されたのはどこ?

 

樋口容疑者は酒に酔って、

青信号になったにも関わらず、

そのまま車を動かすことなく止まっていたようです。

 

樋口容疑者が逮捕されたのは、

広島市東区戸坂くるめ木1丁目の

県道ということです。

 

 

樋口寿明容疑者について

 

名前 樋口 寿明
年齢 55歳
住所 広島市東区
職業 広島市職員
所属 広島市中央卸売市場の食肉指導員
容疑 酒気帯び運転

 

樋口容疑者の呼気からは、

基準値の0,15mgの約2倍の

0.35mgだったということです。

 

しかし事故を起こす前で本当によかったですね。

そのまま走り続けていたら、

どこかに衝突していたか、

車と衝突していた可能性がとても高いです。

 

 

おわりに

 

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

顔画像は現在公開されていなかったので、

新たな情報が入り次第更新していきたいと思います。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。