東大和市立第三中学校転落事故の女子生徒は誰?原因はなんだった?

 

5月14日午後1時半頃、

東京都東大和市の東大和市立第三中学校

中学2年生の女子生徒が校舎の4階と屋上の間にある

階段の踊り場の窓から転落する事故が発生しました。

女子生徒は頭蓋骨や腰の骨を折っているということです。

転落したのは事故だったのか、

それとも自殺だったのか。

事故の詳細を調べてみました。

 

 

東大和市立第三中学校で女子生徒が転落

 

14日午後、東京・東大和市の市立中学校で、4階と屋上の間の階段の窓から中学2年の女子生徒が転落して重傷を負いました。警視庁が当時の状況を調べています。
14日午後1時半過ぎ、東京・東大和市の東大和市立第三中学校で「生徒が転落した」と、副校長から119番通報がありました。警視庁などによりますと、中学2年の女子生徒が4階と屋上の間にある階段の踊り場の窓から地面に転落したということです。
女子生徒は体を強く打ち、病院に運ばれましたが、頭蓋骨や腰の骨を折ったとみられ、入院しています。
警視庁や市の教育委員会は、学校の関係者に話を聞くなど当時の状況を詳しく調べています。
参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20190515-00000016-jnn-soci

 

 

転落事故が起きた中学校

 

転落事故が発生した中学校は、

東大和市第三中学校です。

 

 

女子中学生は誰?

 

窓から転落した女子生徒は、

13歳の中学2年生ということです。

これ以上の情報は現在入っておりません。

 

事故か自殺か

 

女子中学生が転落したのは、

4階と屋上の間にある階段の踊り場の窓ということです。

 

この学校がどのような規則があるかわかりませんが、

基本的に屋上へ行く階段というのは

立ち入り禁止になっていることが多いのではないでしょうか。

 

となると、おそらく自殺の可能性もでてきます。

また情報が少なく当時の様子がわからないのですが、

一人でいたということだったらなおさらです。

 

事故の可能性は低いのではないでしょうか。

女子生徒は腰や頭蓋骨の骨を折っており、現在入院しています。

 

 

おわりに

 

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

中学生や高校生が飛び降りをする事故が増えています。

もしいじめがあったなら、学校側にはしっかり対応をして欲しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

23歳新卒で出版社で働いておりましたが、1年弱で会社を辞め今はブログ一本で生活しています。 最新のニュースをこのブログでは書いて行きますので、よろしくお願いいたします。