東松山市踏切事故 自殺か?東武東上線女子高生が踏切に進入

 

3月4日午後9時05分頃、

埼玉県東松山市の東武東上線

高坂〜東松山市の踏切で、女子高校生が

電車にはねられ亡くなる事故が発生しました。

 

運転士によると、女子高校生は、

自ら踏切に進入し、立ち止まったということです。

警察は自○の可能性が高いとしています。

事故現場や事故の詳細等調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

東松山市東武東上線の踏切事故

 

 

4日午後9時5分頃、埼玉県東松山市上野本の東武東上線高坂―東松山駅間の踏切で、同市内に住む県立高校1年の女子生徒(16)が普通電車にはねられ、死亡した。遮断機が下りた後の踏切に女子生徒が入り、線路上で立ち止まったため、運転士がブレーキをかけたが、間に合わなかったという。東松山署は、自殺の可能性が高いとみて調べている。
東武鉄道によると、この事故で、東武東上線は川越市―森林公園駅間の上下線で計40本が運休するなどし、約1万2000人に影響した。
参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190305-00050194-yom-soci

 

スポンサーリンク

 

踏切事故の現場

 

踏切事故はどこで発生したのでしょうか。

 

事故が発生したのは、

埼玉県東松山市上野本にある

東武東上線高坂駅〜東松山駅間の踏切です。

 

調べてたところ、3〜4つほどの踏切が

上記地区内にありました。

 

スポンサーリンク

 

事故の詳細

 

事故発生日 3月4日
発生時間 午後9時05分頃
事故現場 埼玉県東松山市上野本の東武東上線高坂〜東松山駅間の踏切
内容 女子高生が線路に進入

 

運転士が、線路に入ってくる女子高生を発見しまし、

急ブレーキを踏みましたが、間に合わなかったということです。

午後11時45分頃、母親が

「娘が帰ってこない」と警察に届出を出したことで身元が判明しました。

 

自殺の原因は?

 

女子高生は高校1年生ということです。

高校生活が始まってもうじき1年。

母親が帰ってきこないと心配したということは、

両親には、もしかしたら両親に何か話していた可能性があります。

 

学校での友人関係か、いじめか、

理由はたくさん考えられます。

学校側に問題があるのなら、しっかり調査をしてほしいと思います。

高校1年生は多感な時期です。

自分で溜め込んでいたとすると非常に苦しい思いをしていたのでしょう。

 

学生の自○は主に学校が関係しています。

学校関係者、教育委員会等内部のことをしっかり公開してほしいと思います。

 

スポンサーリンク

 

おわりに

 

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

電車への飛び込み自○が最近増えているような気がします。

原因は必ずあります。

警察や学校関係者はしっかり明らかにして、

いじめがあったらならしっかり処罰してほしいです。

亡くなった女性のご冥福をお祈り申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。