東吾妻町車事故 2台の乗用車が衝突し7人が重軽傷 1人は内臓破裂 現場はどこだった?

 

5月1日午後0時半頃、

群馬県東吾妻町の国道で、

乗用車2台が衝突する事故が発生しました。

この事故で7人が重軽傷を負っているということです。

 

この2台はどちらもGWで観光途中だったということです。

事故の詳細や事故発生現場はどこだったのか等調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

東吾妻町の国道で乗用車2台が絡む事故

 

群馬県東吾妻町で乗用車2台が衝突し、子どもを含む合わせて7人が重軽傷を負いました。
1日午後0時半ごろ、群馬県東吾妻町で「交通事故があり、負傷者が多数いる」と119番通報がありました。現場は片側1車線の緩やかなカーブで、警察によりますと、片方の乗用車がセンターラインをはみ出し、対向車線を走ってきた乗用車と正面衝突したとみられています。
2台とも家族連れで、4歳の子どもを含む男女7人が骨折や内臓破裂などの重軽傷を負いました。全員、命に別状はないということです。
事故当時は路面が雨で濡れていたということで、警察は当事者の回復を待って事情を聞くことにしています。
参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20190502-00000019-jnn-soci

 

スポンサーリンク

 

事故発生現場

 

事故が発生したのはどこだったのでしょうか。

 

 

事故が発生したのは、

群馬県東吾妻町の国道145号線ということです。

おそらく草津温泉に向かっている車と、

草津温泉から帰ってくる車が衝突したのではないでしょうか。

現場は、片側一車線の緩やかなカーブだったということです。

 

スポンサーリンク

 

事故の詳細

 

事故発生日 5月1日午後0時半頃
事故現場 群馬県東吾妻町国道145号線
事故内容 乗用車2台が衝突し7人が重軽傷

 

乗用車にはそれぞれ、4人と3人の家族が乗っていたということです。

どちらかの車がセンターラインからはみ出し、

対向車線を走っていたところに、

車が衝突してしまいました。

緩やかなカーブだったということで、

車が対向車線からこないと思い、かなりアバウトに曲がっていたのではないでしょうかね。

また、現場は路面が濡れていたということなのでそれも関連性があるのでしょうか。

実際道もそこまで余裕がある道ではありません。

 

この事故で、6歳と4歳の女の子および中学生1人を含む

7人が重軽傷をしており、中には骨折等しているようです。

 

スポンサーリンク

 

事故の様子

 

事故の映像

 

上記のリンクに事故の映像があります。

損傷がかなり激しいので、スピードを出していた可能性がありますね。

正面衝突だったのでその衝撃も想像を絶するものだったのではないでしょうか。

 

 

おわりに

 

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

GW中も交通事故のニュースが絶えません。

家族連れで事故を起こすニュースを見ると本当に胸が痛くなります。

ドライバーの皆さん細心の注意を払って運転をしてください。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。