八尋稜汰の顔画像やSNS!博多区で飲酒運転 タクシーと衝突し現行犯逮捕

 

1月14日、福岡県博多区

飲酒運転をしていた車がタクシーに追突する事故が発生しました。

 

飲酒運転をしていた八尋稜汰容疑者が酒気帯び運転の疑いで現行犯逮捕されています。

 

八尋稜汰容疑者と事故の詳細について調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

福岡県博多区で八尋稜汰容疑者が飲酒運転

 

14日未明、福岡市で酒を飲んで車を運転し、タクシーに追突した男が、酒気帯び運転の現行犯で逮捕されました。
14日午前2時ごろ、福岡市博多区住吉の交差点で、信号停車中のタクシーに普通乗用車が追突しました。
この事故でタクシーの運転手と乗客の男性が、軽いけがをしています。
駆けつけた警察官が調べたところ、追突した車を運転していた男の呼気から、基準値の5倍のアルコールが検出されたため、男を酒気帯び運転の現行犯で逮捕しました。
逮捕されたのは宇美町の会社員、八尋稜汰容疑者(21)で、「ブランデーを4、5杯飲んで帰る途中だった」などと話し、容疑を認めているということです。
参照元:https://www.tnc.co.jp/news/articles/NID2019011403272/

 

ブランデー4、5杯の飲み方にもよりますが、

基準値の5倍というのはかなり酔っ払っている状態ですね。

 

スポンサーリンク

 

事故が起きた場所は?

 

八尋稜汰容疑者が事故を起こした場所はどこなのでしょうか


事故が発生したのは、福岡県福岡市博多区住吉3丁目の交差点です。

 

正確な場所は報道されていません。

 

スポンサーリンク

 

八尋稜汰容疑者についての情報

 

現在までにわかっている八尋稜汰容疑者の情報をまとめてみました。

 

・名前:八尋 稜汰(やひろ りょうた)
・年齢:21歳
・住所:福岡県糟屋郡宇美町
・職業:会社員
・容疑:酒気帯び運転

 

現在のところ顔画像は公開されていません。

またSNSについても探してみましたが、

八尋容疑者らしきアカウントを発見することができませんでした。

 

スポンサーリンク

酒気帯び運転について

 

酒気帯び運転はどのようなものなのでしょうか。

 

 

酒気帯び運転(飲酒運転)は体にアルコールを保有した状態で車の運転をしてしまったときの違反です。お酒を飲めば注意力などが低下しますので、飲酒したうえでの車の運転は事故の可能性も高くなり、重大な違反とみなされます。それでは酒気帯び運転の違反をしてしまうとどの位の違犯点数が付され、どのような処分がされるのでしょう。また、どの位のアルコールを保有していると違反となってしまうのでしょう。
呼気1リットル中のアルコール量が0.15mg以上の場合は酒気帯び運転として違反となり、取り締まりの対象となります。違反となる酒気帯び運転でも、体内に保有するアルコールの量によって違反の重さが異なり、アルコール量が多ければより重い処分となります。具体的には、以下の通りとなります。
呼気呼気1リットル中のアルコール量が0.25mg以上となるとより重い酒気帯び運転となります。0.25mg以上であれば何mgであっても違反点数は25点です。この場合、他の違反と併せてより大きな点数が付されることはありません。(ただし事故を起こしてしまうと、事故の点数が加算されます。)
参照元:http://www.toyoshima-k2.jp/14851616291286
スポンサーリンク

 

八尋稜汰容疑者のアルコールの値は?

 

八尋稜汰容疑者は、事故前に

ブランデーを4、5杯飲んでいたと供述しています。

 

また警察の調べで基準値の5倍のアルコールが検出されたということです。

 

定められている基準値は、0,15mg未満です。

この基準値の5倍ということならとんでもない状態ですね。

 

逆によく運転できたなという感想です。

 

死者が出なくて本当に良かったです。

 

スポンサーリンク

 

おわりに

 

いかがでしたでしょうか。

 

飲酒運転は自分の命も、他人の命も落としかねない行為です。

 

酒を飲むときは徒歩で居酒屋へ行きましょう。

 

スポンサーリンク

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。