群馬県女子高生自殺の真相は?裏サイトでいじめか 教師は信じず放置

 

2月1日、群馬県前橋市内の

上毛電鉄の踏切で、高校2年生の女子生徒が

電車にはねられ亡くなる事件が発生しました。

女子生徒は、以前からいじめれれており、

自○だったということです。

 

悲痛の叫びも教師には届かず、誰も助けてくれない状態だったようです。

 

スポンサーリンク

 

群馬県女子高校生自殺

 

群馬県立高校2年の女子生徒(17)が2月に前橋市内で電車にはねられ、亡くなっていたことが県教委への取材で判明した。自殺とみられる。関係者によると、自宅からは「ネットで悪口を言われている」「先生は私の言葉を信じてくれなかった」など、学校での人間関係に苦しんでいることを示すメモが見つかったという。学校はいじめの有無などを調べている。
県警や関係者によると、女子生徒は2月1日午後7時ごろ、前橋市内の上毛電鉄・大胡(おおご)―樋越(ひごし)間の踏切近くではねられた。電車の運転士が踏切近くに人が立っているのに気づいて警笛を鳴らしたが、間に合わなかった。
女子生徒は高校に入学後、頭痛や腹痛を訴えたり、泣きながら帰宅したりすることがあった。2月1日は体調が悪かったため学校を早退し、病院に行ったという。
県教委は女子生徒が残したメモの存在を把握しており、担当者は「調査している段階。ご家族の心情に寄り添った対応をしたい」と話している。
県警も関係者から事情を聴くなどして、死亡した経緯を調べている。
参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190308-00000025-mai-soci

 

スポンサーリンク

 

事故が起きた踏切

 

女子生徒がはねられた踏切はどこだったのでしょうか。

 

事故が発生したのは、

前橋市内の上毛電鉄上毛線

大胡駅〜樋越駅(ひごし)間の踏切ということです。

 

運転士が踏切に立っていた女子生徒を発見し

警笛を鳴らしましたが、間に合わなかったそうです。

 

スポンサーリンク

 

裏サイトによるいじめか

 

女子高校生は、高校に入学してから

頭痛や腹痛などの体調不良を訴えるようになっていました。

「耐えられない。ずっと悪口を言っている」など学校での苦しみを訴えるような数十枚のメモが見つかった。メモには7~10月の日付が記載されていた。「先生は私の言葉を信じてくれなかった。ネットで悪口を言われてるのは本当なのに」との内容のメモもあった。
参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190308-00010001-jomo-l10

 

ネットで悪口を言われていたということですが、

ツイッターやインスグラムだったら、

誰が何を言ったのかが証拠として

教師に見せれば対処できたはずです。

しかし教師は信じず女子生徒の言葉を無視。

 

ということは匿名での書き込みができるサイトだったのではないでしょうか。

 

亡くなった女子生徒も周囲にいじめがあったと

相談しており、他の生徒もいじめを目撃したと証言しています。

 

スポンサーリンク

 

学校側の対応が最悪

 

女子高校生は入学当初からいじめられていたのでしょう。

となると2年近く苦しみに耐えていました。

こんな状態で学校側はなぜ何も対応しなかったのでしょうか。

 

女子生徒の言葉では、「先生は私の言葉を信じてくれなかった」とあります。

ということは、女子生徒はすでに相談していたということです。

 

そして目撃証言もすでにあります。

日常的に悪口を言われていたということがわかりますが、

なぜ学校側は無視をしたのでしょうか。

 

おそらく明確な証拠がないためでしょう。

学校側は明確な証拠がないと動かない可能性もあります。

なぜか。

対応が厄介だからです。自分の評価も下がりますし

学校全体でも調査が入り、その年の受験者数にも響きます。

 

 

現在教育委員会や学校ないで調査が行われています。

 

スポンサーリンク

 

おわりに

 

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

亡くなった女子生徒のことを思うと

悔しくてたまりません。

SOSを出していたのに学校側は無視、

また周囲の生徒もいじめを知っていたのに

何もしなかったのでしょうか。

 

原因をしっかり解明しいじめがあったのなら、しっかり処罰して欲しいです。

亡くなった生徒のご冥福をお祈り申し上げます。

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。