岐阜市寺田事故 武田湧貴さんが意識不明重体一時停止線で完全に停止しなかったのが原因か

 

4月28日午前6時半頃、

岐阜県岐阜市寺田の交差点で、

大学生の武田湧貴さんが運転する車と、

会社員の男性が乗る車が衝突する事故が発生しました。

この事故で2台の車が田んぼに落ち、

武田さんが頭を強く打ち意識不明の重体です。

 

事故の詳細や事故現場等調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

岐阜市寺田事故武田湧貴さんが意識不明の重体

 

岐阜市の交差点で28日朝、乗用車2台が出合い頭に衝突し、20歳の男子大学生が意識不明の重体です。
岐阜市寺田の信号のない交差点で、28日午前6時半ごろ、南に向かっていた大学3年生・武田湧貴さん(20)の運転する乗用車が西に向かう乗用車と出合い頭に衝突しました。
衝突のはずみで2台は田んぼに落ち、武田さんは頭などを打って意識不明の重体です。
もう一方の車を運転していた瑞穂市の24歳の男性会社員は軽傷です。
警察によりますと、現場は見通しがよく信号のない交差点で、武田さんの車線側に一時停止の標識があったということです。
警察は事故当時の状況を詳しく調べています。
参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190428-00022066-tokaiv-soci

 

スポンサーリンク

 

事故が発生した場所

 

事故が発生したのはどこだったのでしょうか。

 

事故が発生したのは、

岐阜県岐阜市寺田の交差点ということです。

事故現場の交差点は、

見通しがあまり良い、信号がなかったということです。

 

武田さんの車線側に一時停止線があったということです。

 

スポンサーリンク

 

武田湧貴さんについて

 

この事故で大学生の武田さんが頭を強く打ち現在、

意識不明の重体となっています。

武田さんの情報をまとめてみました。

 

名前 武田 湧貴さん
年齢 20歳
住所 不明(岐阜市内か?)
職業 大学3年生
現在の状態 意識不明の重体

 

もう一方の車を運転していたのは、

岐阜県瑞穂市に在住の24歳の会社員だったということです。

会社員の男性は軽傷です。

 

スポンサーリンク

 

SNSのコメント

・一時停止は、一旦、速度ゼロにせんとあかんのよ!
・一時停止を無視して事故。相手さんがかわいそうです。
・田舎に行けば行くほど、交通ルールが形だけになっているのは、どこも似たようなものに感じます。コリジョンコース現象もそうですが、どちらかと言うと先を行ったもん勝ちのような運転者としてあり得ない変な競争心が先走っているように思います。優先道路を走っていた速度も、通常50km制限ではあるけど、実際はもう少し出してた感じがします。赤い車のヘコんだ状態を見ると…何となくですが。
・一時停止は、止まって安全確認をして初めてしたことになる。安全確認していればぶつかるわけがない。
・一時停止するのにかかる時間わずか数秒なのにね。そんなわずかな時間を割けないなら運転には向かない性格なんでしょう。
意識取り戻して、反省してくれ。
・お互いに一定速度で直行すると、相手の車があたかも止まっているように錯覚するのです。割とよくある事故
・うちの近所も一時停止側がほとんど止まらないT字の交差点がある。ここは右折が優先なんだけど高架の国道から降りてきた車がそのまま通過してくるがこっちはいつでも止まれるように進入する。一時停止はちゃんと止まらないとだめだよ。
・一時停止違反の可能性が高いですね。停止側でない方もスピードを出してたかもしれませんが。まだお若いので、無事回復してくれることをお祈りします。
参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20190428-00022066-tokaiv-soci&s=lost_points&o=desc&t=t&p=7

 

スポンサーリンク

 

おわりに

 

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

事故原因はどちらに非があるのかというのは現在わかっておりませんが、

やはり一時停止線がある車線にいた武田さんに非があると思われる

コメントが多々見受けられますね。

 

早く意識が回復するといいのですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。