G20会場不審物を設置した男がは誰?かんしゃく玉を設置し逃走 現場はどこだった?

 

6月28日G20が開催されている

大阪市住之江区の「インテックス大阪」付近に

発煙する不審物が仕掛けられました。

現在不審物を設置した容疑者は逃走しています。

設置されたのはどこだったのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

G20会場大阪市住之江区「インテックス大阪」付近に発煙する不審物

 

警察に入った連絡によりますと、28日午後3時ごろ、G20大阪サミット会場からおよそ600メートル離れた路上で、警察官が不審な男に声をかけたところ、男が煙が出る玉のようなものを置いて逃走しました。
警察が男の行方を捜査するとともに詳しい状況を調べています。
煙に有毒性はないとみられ、これまでのところけが人はいないということです。
現場近くにいた20代の男性は「パトカーがたくさん来ていたので様子を見ると、警察官が集まっていて、近くに緑やオレンジの玉が落ちていました。煙などは見えませんでしたが、サミットの会場の近くなので驚きました」と話していました。
参照元:https://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20190628/2000017089.html

 

スポンサーリンク

 

不審物が設置された場所は?

 

不審物が設置された場所はどこだったのでしょうか。

 

不審物が設置されたのは、

大阪市住之江区にある現在G20首脳会議が行われている

インテックス大阪から約600m離れた場所ということです。

 

スポンサーリンク

 

容疑者の特徴は?

 

容疑者は現在男ということしかわかっておりません。

不審物を設置した後、そのまま逃走しています。

 

 

あれだけの厳戒態勢の中、不審物を仕掛けるとは

かなり度胸がありますね。

不審物はかんしゃく玉のようなものだったということです。

 

スポンサーリンク

 

おわりに

 

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

容疑者について新しい情報が入り次第

更新してきます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。