藤井康成の顔画像特定!鳩に農薬入りの米を食べさせる 大東文化大准教授の経歴や犯行動機は?

 

東京都北区の神谷公園で、

殺虫剤に使われるメソミルを混ぜた

米を鳩に食べさせ死なせたとして、

鳥獣保護法違反の疑いで

大東文化大学准教授藤井康成容疑者

逮捕されました。

 

藤井容疑者の経歴や動機等調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

大東文化大准教授藤井康成容疑者が逮捕

 

 

東京・北区の公園などでおよそ100羽のハトやスズメの死骸が見つかった事件で、警視庁はハトに農薬を混ぜた米を食べさせ殺したとして、大東文化大学の准教授の男を逮捕しました。
鳥獣保護法違反の疑いで逮捕されたのは、大東文化大学外国語学部の准教授・藤井康成容疑者(51)です。藤井容疑者は今年1月、東京・北区の神谷公園で劇物「メソミル」を含む農薬を混ぜた米をまき、ハト4羽に食べさせて殺した疑いが持たれています。
「今年1月、こちらの公園内で、複数のハトとスズメの死骸が一列に並んだ状態で見つかったということです」(記者)
藤井容疑者は農薬を入れた水の中に漬けた米を乾かし、エサとしてハトに与えていて、自宅からは劇物の「メソミル」を含む農薬が押収されたということです。周辺の公園や駅では2016年4月以降、およそ100羽のハトやスズメの死骸が見つかっていました。
「(自分が見たのは)3か月くらいで、45羽くらい死んでいるのを見た」(目撃した人)
取り調べに対し、藤井容疑者は容疑を認め、「ハトが自分のところに来て、汚すのが嫌だった」と供述しているということで、警視庁は余罪についても調べています。
参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20190403-00000028-jnn-soci

 

スポンサーリンク

 

藤井容疑者が犯行を行った場所

 

藤井容疑者が犯行を犯したのはどこだったのでしょうか。


 

藤井容疑者が、薬物を混ぜた米を鳩に食べさせたのは、

東京都北区神谷2丁目33−6にある

神谷公園ということです。

 

この公園では、鳩やスズメが3年前から

100匹ほどの死骸が発見されているということです。

 

スポンサーリンク

 

藤井康成容疑者のプロフィール

 

現在までに明らかとなっている藤井容疑者の

情報をまとめました。

 

名前 藤井 康成(ふじい やすなり)
年齢 51歳
住所 東京都北区赤羽西
職業 大学准教授
所属 大東文化大学
容疑 鳥獣保護法違反

 

スポンサーリンク

 

藤井康成容疑者の経歴

 

 

研究分野 会話・談話分析(話し言.葉のデータを扱った様々な分析)相互行為の社会言語学(人々の言語行動と社会的要因の関係)
担当講義 「ゼミナール1A, 1B」
「英語コミュニケーション研究2A, 2B」
など
学歴・略歴 2004年 オーストラリア国立大学大学院人文科学研究科博士課程修了
2006年 東京電機大学理工学部英語インストラクター
2009年 大東文化大学外国語学部英語学科専任講師
2019年 大東文化大学外国語学部英語学科准教授
学位 PhD(言語学博士号)[オーストラリア国立大学]

参照元:大東文化大学職員紹介

 

薬物メソミルを知っているということは、

生物学やそちらの研究をしている方だと思ったら、

外国語学部の准教授のようですね。

 

しかもオーストラリアの大学を卒業しています。

日本より自然豊かなオーストラリアで

何年も暮らすことができて、日本ではなぜ耐えることができなかったのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

藤井康成容疑者の顔画像公開

 

藤井容疑者の顔画像が公開されました。

 


参照元:ANN映像

藤井容疑者は容疑に対し

鳩が自分のところに来て、汚すのが嫌だった」と供述しています。

 

今回逮捕された容疑は、

1月13日の事件に関してですが、

2016年頃から相次いで鳩やスズメの死骸が発見されている

ということなので、余罪についても確実にあるのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

メソミルとはなんなのか

 

藤井容疑者は、メソミルを水に溶かして

米に付着して、鳩に食べさせたということですが、

メソミルとはなんなのでしょうか。

 

米国デュポン社が開発したカルバメート系の殺虫剤。青色の粉末で、弱い硫黄臭がある。日本国内では1970年に登録され、「ランネート」などの商品名で販売されている。主に野菜畑において、ハスモンヨトウをはじめとした大型害虫に対し、水和剤として使用される。
参照元:Wikipedia

 

ランネートという名前で現在も販売されているそうです。

藤井容疑者も通販で購入したと供述しています。

 

通販を見てみてもランネートは

種類によって様々ですが、

数千円だせば変えてしまうものです。

もちろん使用用途を間違えなければ、

殺虫剤・農薬として効果のあるものです。

 

よくこんな残虐な方法を思いついたものです。

 

スポンサーリンク

 

おわりに

 

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

鳩が嫌いなら公園付近や、自宅にも鳩よけ等の

対策はできたはずです。

頭がいいのか悪いのかわからないですね。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。