二俣川駅近くで架線切断により運転見合わせ

9月9日未明に横浜市旭区にて相鉄線の二俣川駅近くでの線路脇の工事現場を覆う囲いが昨夜の台風通過によります暴風雨で倒壊し、接触したとみられる事故が発生しました。

電車の架線が数本切れておりその影響で始発から運転見合わせになっています。

事故の詳細や発生した場所などを調べて見ました。

二俣川駅近くの囲い倒れ架線切断か

囲いは鉄板の部分が有った様で昨夜のあの暴風雨であれば今回の様な事故が起こる事が想定されたと思いますが事前に対処する事ができなかったのでしょうか?

 

 

架線事故が発生した場所

事故が発生した場所はどの辺りだったのでしょうか。

事故が発生したと思われる箇所は二俣川駅から横浜駅方面の鶴ヶ島駅との間で起こった模様です。

 

昨夜の台風15号は

昨夜の台風15号は関東地方直撃コースでした。

 

その為、関東各地に大きな被害が出ています。

相鉄線二俣川駅以外にも地下鉄を除くJR 私鉄各線は始発から軒並み運休しています。

それ以外の交通網にも運休、運行遅れ、交通渋滞等被害の影響は無いとは言えない状態になっています。

10:30の今現在は、台風は通過し各交通網は少しずつ復旧に向かっていますので通勤通学で利用される皆様はくれぐれも無理をしない様にしてください。

 

 

 

おわりに

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

これから順次運転再開してきますが焦らずに時間に余裕を持って利用してください。

午後からはフェーン現象で36度の予報も出ていますので熱中症にも気を付けてください。

また、怪我、被害に遭われた方々もいらっしゃいます。

早く怪我が治ることをお祈りいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

23歳新卒で出版社で働いておりましたが、1年弱で会社を辞め今はブログ一本で生活しています。 最新のニュースをこのブログでは書いて行きますので、よろしくお願いいたします。