フレーザー島日本人死亡 事故の真相は?16歳邦人2名がツアー中に水死

 

3月29日夕方頃、

オーストラリア東部クイーンズランド州のフレーザー島

日本人2名が水死したことが明らかとなりました。

邦人2名は16歳でツアーに参加していたということです。

 

遺体が見つかったのは30日の朝ということです。

 

現地のニュース記事や事故が発生した場所等まとめてみました。

 

スポンサーリンク

 

オーストラリアフレーザー島で邦人2名が死亡

 

 

オーストラリア東部クイーンズランド州警察は30日、人気観光地として知られる同州フレーザー島で16歳の日本人少年2人が水死したと発表した。
警察によると、2人はツアーに参加。29日夕、島の中部にあるマッケンジー湖付近でツアーからはぐれ「行方不明になった」と通報があった。
警察は通報を受けて付近を捜索。30日朝、水中で2人の遺体を発見した。今後検視を行い、詳しい死因などを調べる。
フレーザー島は世界最大の砂の島として知られ、世界遺産に登録されている。
参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190330-00000045-jij-asia

 

スポンサーリンク

 

オーストラリア現地のニュース

 

The bodies of two teenage boys have been found on Fraser Island, north of Queensland, in a statement released by police.The two 16-year-old boys, who are Japanese nationals, drowned overnight.
According to Queensland Police, the boys were reported missing from a tour group near Lake McKenzie just after 5pm Friday afternoon.

参照元:https://www.news.com.au/national/queensland/two-teenage-boys-tragically-drown-on-fraser-island-at-lake-mckenzie/news-story/35cc9186c2e8ecb313425d098f538bf2

 

現地のニュースによると、

16歳の少年ら2名が、29日から行方不明になっていましたが、

30日午前8時20分に発見されたということです。

 

スポンサーリンク

 

遺体が発見された場所

 

遺体が発見された場所はどこだったのでしょうか。

 

2名の遺体が発見されたのは、

オーストラリア東部クイーンズランド州の

フレーザー島にあるマッケンジー湖ということです。

 

当時2名はツアーに参加していましたが、

途中から行方不明となってしまったということです。

 

スポンサーリンク

 

フレーザー島とは

 

フレーザー島は日本人にも有名な観光地の一つのようです。

 

オーストラリア・クイーンズランド州にある島で、世界でもっとも大きな砂島である。1992年、ユネスコの世界遺産(自然遺産)に登録された。島はブリスベンから北に約300kmの所にあり、南北123km、幅25km、島の最高高度は240mである。島のほぼ全域がグレート・サンディ国立公園として国立公園に指定されている。
参照元:Wikipedia

 

 

また、マッケンジー湖も観光客にとても人気があり、

グレートサンディー国立公園に指定されている場所です。

 

フレーザー島にはいくつもの湖があります。中でもマッケンジー湖は透明度が高いことで有名です。この湖の美しさは、世界遺産に相応しく誰もが絶句するほど。約80ヘクタールの大きさを誇る真っ青な湖と、フレーザー島特有の「シリカ・サンド」という真っ白な砂浜のコラボは感動的です。
マッケンジー湖の水質は、正真正銘のクリスタルクリアウォーター(透明度の高い淡水)ですよ。この透明度は湖に生物が棲んでいないからこそ美しいと言われています。天然のミネラルをいっぱい含んだ美しい湖を泳ぐと、さらにフレーザー島が世界遺産に登録された理由がわかってくるでしょう。
参照元:https://skyticket.jp/guide/110124

 

スポンサーリンク

 

追記

 

亡くなった2名の高校生は

神奈川大学附属高校の生徒ということがわかりました。

2名は海外交流プログラムに参加していたということです。

 

 

おわりに

 

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

楽しいツアーが一変、最悪な旅行となってしまいました。

事故が起こった原因等わかり次第更新していきます。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。