家族のはなし 公開日は11月23日に決定 鉄拳のパラパラ漫画を岡田将生主演で実写化

 

鉄拳さんの人気パラパラ漫画「家族のはなし」が岡田将生さん主演で

11月23日(金・祝)に公開することが決まりました。

 

鉄拳さんのパラパラ漫画が、実写映画化されるのは、2014年の「振り子」に

引き続き2回目となります。

今回は、鉄拳さんがアートディレクターとなり、

映画「家族のはなし」のために書き下ろしたパラパラ漫画も用いられるようです。

 

さて、今回は、「家族のはなし」はどういったストーリーなのか、出演者はだれか、

原作はどんなものなのかをお伝えしていきます。

スポンサーリンク

 

家族のはなしのストーリー

 

映画「家族のはなし」は、家族の温か大切さを余すことなく描かれているお話となっています。

リンゴ農園を営む優しい両親とその一人息子主人公小林拓也(岡田将生)。

スポーツで神童と呼ばれた幼少期、しかし怪我をして挫折。

両親の仕送りを受けながら、上京して大学生活の傍らのバンド活動をするもまた挫折。

上手く行きかけてはつまづくことを繰り返す自分に苛立ち孤立していく拓也は、

田舎でりんごを愛し育てることに全てを注ぐ父親をいつしか疎ましく思うようになっていきました。

「何もない田舎で同じことを繰り返しているつまらない人間だ!」八つ当たりをする息子を何も言わず笑顔で受けとめる父親。

そんなある日、夢破れて久しぶりに里帰りした拓也は、“父親が大好きだった頃の自分”と出逢います。

「お父さんのりんご、美味しいよ」わがわままで身勝手な自分を黙って支えていてくれた家族、注がれていた愛情に気づいた拓也に、小さなささやかな奇跡が起こります。

さまざまな挫折を味わいますが、そばには必ず親がいる。

そんな家族の温かさと、自分の進む道を必死に探し、成長していく主人公を描いた作品となっています。

 

キャスト

 

主人公(小林拓也)

岡田将生

「重力ピエロ」「ホノカアボーイ」「ハルフウェイ」「僕の初恋をキミに捧ぐ」等で

報知映画賞新人賞、日本アカデミー賞新人賞などを獲得しています。

本作では、バンドマンを演じるにあたって、金髪にし、楽器未経験だったことから、ギターの練習にも励んだそうです。

 

・拓也の父親

時任三郎

今回の役は、りんご農一筋の父親役、ずっと主人公拓也を見守る心優しい父親

 

・拓也の母親

財前直見

心優しい母親。父親と共に、息子拓也を支え続けます。

 

拓也のバンドメンバー

ボーカル柴田役 金子大地

ドラム渡辺役 佐藤寛太(劇団EXILE)

バンドのプロデューサー役 水田信二(和牛)

地元の同級生明日香 成海璃子

 

さんらが出演します。

 

また、主題歌は、サイダーガールの「daialogue」に決まったそうです。

スポンサーリンク

 

鉄拳のパラパラ漫画原作「家族のはなし」

 

 

 

こちらが、鉄拳のパラパラ漫画原作「家族のはなし」です。

原作は、9分程度ととても短いですが、これがどのようなお話となり、映画化されるのかとても楽しみですね。

上映時間は79分と映画にしては少し短いですが、家族の愛が最大に詰まった79分だと思います。

 

おわりに

 

いかがでしたでしょうか。

鉄拳のパラパラ漫画「家族のはなし」の公開日は11月23日(金・祝)です。

当日は、祝日、3連休真っただ中なので、映画館が込み合うことが予想されますので、お早めに予約をすることをお勧めします!

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。