下條康司顔画像特定!看護師免許証を偽造し看護師として勤務!フィリピンの学校に通っていた?

 

約5年前から偽造した看護師免許証を使用し、

看護師として複数の病院や特養で看護師や

医師として勤務していたとして

下條康司容疑者が逮捕されました。

医学の知識はフィリピンの学校に通ったり本で得たということです。

 

事件の詳細や下條容疑者について調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

看護師免許証を偽造し看護師として働く

 

看護師を装い、無資格でインスリン注射や採血をしたとして、千葉県警は6日、同県鎌ケ谷市鎌ケ谷9丁目、下條康司容疑者(54)を保健師助産師看護師法違反(無資格者による診療補助行為)と偽造有印公文書行使の疑いで逮捕し、発表した。約5年前から複数の施設で身分を偽って勤務していた、と供述しているという。
生活経済課の発表によると、逮捕容疑は昨年4月10日ごろ、同県柏市で、偽造した看護師免許証のコピーを人材派遣会社の社員に提示したというもの。さらに資格がないのに、派遣先の同市の特別養護老人ホームで昨年5~8月、入所女性(87)に49回にわたって血糖値測定やインスリン投与に伴う注射をし、8月3日ごろには別の90代女性から採血をした疑いがある。
下條容疑者は「看護師として派遣されれば時給が高くなるのでやってしまった」と供述しているという。他人の看護師の免許証のコピーを、自分の名前に変更するなどして提示したという。県警は、同様の手口で複数の施設で身分を偽って勤務していたとみており、過去の勤務歴についても調べる。
下條容疑者は二十数年前に入校したフィリピンの看護学校や、医療や薬に関する書籍で知識を得ていた、と話しているという。派遣元の人材派遣会社が下條容疑者に免許証の原本の提出を求めたところ、連絡が取れなくなり、昨年8月、船橋署に相談していた。
参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190606-00000033-asahi-soci

 

スポンサーリンク

 

下條康司容疑者について

 

現在までに明らかとなっている

下條容疑者についての情報をまとめました。

 

名前 下條 康司
年齢 54歳
住所 千葉県鎌ケ谷市鎌ケ谷9丁目
職業 無職?
容疑 保健師助産師看護師法違反(無資格者による診療補助行為)及び偽造有印公文書行使の疑い

 

スポンサーリンク

 

顔画像

 

下條容疑者の顔画像を特定しました。

参照元:KYODO

 

スポンサーリンク

 

フィリピンで学ぶ

 

下條容疑者は20年前にフィリピンの看護学校に通っていたり、

本で得た知識で看護師の業務を行っていたそうです。

 

しかし本物から見れば、知識が乏しいことに気がつくんですね。

2018年8月に、同僚の看護師が、

下條容疑者の医薬品の知識が乏しいことを不審に思い、

派遣元の会社に連絡したということです。

 

こんな状態で採血などしてもらっては患者はたまったものではありません。

5~8月、87歳と98歳の女性入居者にインスリンを注射したり、採血したりしたとしている。入居者に健康被害は見られていない

 

幸い現在までに健康被害を訴えている方はいないということです。

 

スポンサーリンク

 

おわりに

 

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

患者は医者を信用しているのです。

こんな患者を騙すような行為は絶対にしないで欲しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。