江戸川区南篠崎町死体遺棄事件 本多善之容疑者逮捕!息子が父親を殴り殺害か

 

6月24日午後11時20分頃、

東京都江戸川区南篠崎町のマンションの室内で、

住人とされる60代の男性が死亡しているのが発見されました。

男性の上半身には殴られたような跡があったということです。

男性は30代の長男と2人暮らしだったそうですが、

現在長男と連絡が取れていません。

事件の詳細について調べてみました。

 

 

江戸川区南篠崎町で死体遺棄事件

 

東京・江戸川区のマンションで、60代とみられる男性が死亡しているのが見つかりました。
男性には殴られた痕が複数あり、警視庁は男性が暴行を受けて死亡したとみて捜査しています。
24日夜11時20分ごろ、東京・江戸川区南篠崎町にあるマンションの1室で、この部屋に住む60代とみられる男性が死亡しているのが見つかりました。
男性が勤める会社の同僚が近くの交番に「同じ会社の男性が出社せず、連絡も取れない」と相談に訪れ、警察官が部屋に入ったということです。
警視庁が遺体を詳しく調べたところ、男性は顔や体に複数の殴られた痕があったということです。
部屋には30代の息子が一緒に住んでいましたが、その後、連絡が取れなくなっているということで、警視庁は、何らかの事情を知っているとみて捜査を進めています。
現場のマンションの隣に住む70代の女性は「昨夜遅くにパトカーや消防車が来て騒がしくなり、チェーンソーのようなものでドアを破っているのが見えました。こんなことが起きてとても怖いです」と話していました。
また、近くに住んでいる70代の男性は「たくさんの警察官がマンションを囲んでいました。このあたりは物騒なことがない地域なので驚きました」と話していました。
参照元:https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20190625/1000031874.html

 

 

遺体が発見された場所

 

男性の遺体が発見されたのはどこだったのでしょうか。

参照元:NNN映像

遺体が発見されたのは、

東京都江戸川区南篠崎町3丁目のマンションの1室です。

この部屋には亡くなった60代の男性と、

30代の長男が2人で暮らしていました。

現場は都営地下鉄新宿線瑞江駅から北東に約100メートルの住宅街です。

 

 

 

長男が父親に暴行し逃走か

 

事件が発覚したのは、

被害者の男性の同僚が、男性が出勤してこないと

瑞江駅前交番に相談しにきたのがきっかけです。

 

警察が被害者の男性のマンションへ訪れた際、

鍵が閉められていた状態でした。

そして、息子とは連絡が取れていない状態です。

 

密室の状態でこのようなことができるのは長男だけでしょう。

男性の体には複数の殴られた跡があったと言うことで、

何らか理由で、息子が父親を殴り、そのまま逃走したのではないでしょうか。

 

 

本多善之容疑者逮捕

 

本多裕孝さんの遺体が発見された事件で、

息子の本多善之容疑者が茨城県鹿嶋市で逮捕されました。

顔画像等が公開されました。以下の記事で本多容疑者についてまとめましたので、

合わせてお読みください。

本多善之容疑者顔画像特定犯行動機や逃走経路は?

 

おわりに

 

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

十中八九容疑者は息子ではないでしょうか。

まずは長男を見つけることを優先し、事情を聴取すべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

23歳新卒で出版社で働いておりましたが、1年弱で会社を辞め今はブログ一本で生活しています。 最新のニュースをこのブログでは書いて行きますので、よろしくお願いいたします。