スンダ海峡津波発生!地震がなかった理由は?津波発生場所や詳細は?【2018年】

 

インドネシアのジャワ島とスマトラ島の間の

スンダ海峡で津波が発生しました。

この津波により死者、行方不明者が多数出てます。

 

2018年12月22日に起きた、スンダ海峡の津波の速報をお送りいたします。

スポンサーリンク

 

スンダ海峡で津波発生

 

2018年12月22日の9時40分ころ、

インドネシアのスマトラ島とジャワ島の間にあるスンダ海峡津波が発生し、

2018年12月23日午前9時現在までに、20名が死亡し、2名が行方不明となっています

 

スポンサーリンク

 

スンダ海峡の場所は

 

スンダ海峡はどこにあるのでしょうか。

 

上写真の右側がジャワ島、左側がスマトラ島です。

 

本当にスマトラ島とジャワ島の間にありますね。

このスンダ海峡で津波が発生しました。

スポンサーリンク

 

地震が起きなかった理由は?

 

実は今回の津波は、地震による津波ではありません。

それが、どこにも「地震」というワードがない所以です。

 

今回の津波は、火山噴火地滑り地震による津波でした。

 

スンダ海峡の近くには、クラカタウ火山という活火山があります。

 

現在、クラカタウ火山が噴火したという情報はありませんが、

火山活動による地滑りが起きることによって津波が発生することもあるらしいのです。

 

参照元: 地質屋さんと呼ばないで

 

スポンサーリンク

 

SNSでの反応は?

 

 

追記

 

15時40分には、死者数が168名に達しました。

けが人も750人となっています。

また、津波の高さは最大90cmと考えられています。

 

 

おわりに

 

いかがでしたでしょうか。

 

恐らく、時間が経つにつれ死者数は増えることでしょう。

行方不明者も2名いらっしゃるということなので、

早く見つかることを願います。

 

今回の津波は地震によるものではないということが大きですね。

地震だったら、津波が来ると予測でき避難できたかもしれませんが、

火山活動による地滑りによる津波じゃ、対策しようがありません。

 

死者数がこれ以上増えないことを祈ります。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。