コカイン密輸したウドウ(日本人)の顔画像特定?体内でコカインが溶け死亡か?

 

メキシコシティから成田空港に向かう

飛行機に乗っていた日本人男性が5月24日に

機内で体調が急変し死亡しました。

男性の体内からはコカイン246個が発見されたということです。

男性はウドウという邦人と報告されました。

 

一体何が起きたのでしょうか。

 

日本人が機内で体調が急変し死亡体内からコカイン発見

 

 

メキシコから成田空港に向かっていた航空機内で、日本人男性が体調を急変させ、死亡していたことが分かった。体内からは小分けにされたコカインの包み246個が見つかったという。
地元メディアによると、メキシコシティーから成田空港に向かう航空機に乗っていた日本人男性が24日、体調を急変させ、緊急着陸したソノラ州の空港で死亡が確認されたという。
検察当局は26日、男性の体内から246個もの小分けにされたコカインの包みが見つかったと発表した。地元メディアは男性は42歳で名前を「ウドウ」と伝えている。
当局は、コカインの包みをのみ込んで密輸しようとした疑いもあるとみて調べている。
参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20190527-00000338-nnn-int

 

スポンサーリンク

 

死亡した邦人は「ウドウ」

 

機内で体調が急変し亡くなったのは、

日本人の「ウドウ」という42歳の男性だったことが明らかとなっています。

 

「有働」「鵜堂」どちらかでしょうね。

名前、国籍、年齢、性別以外は現在わかっておりません。

 

参照元:NNN映像

 

ウドウさんが機内から運び出されたところでしょう。

 

ウドウさんの体内には小分けにされたコカイン246個が

発見されました。

驚くべき数ですね。

おそらく口から飲み込んだか、

お尻から入れたのでしょう。

それが胃酸か何かで溶けて、

コカインを大量摂取した状態となってしまったのではないでしょうか。

 

もともと運び屋だったのか、

メキシコシティで雇われたのか、

脅されたのか、

原因はわかっておりません。

 

ウドウさんについて新たな情報が入り次第更新します。

 

スポンサーリンク

 

SNSのコメント

 


スポンサーリンク

 

おわりに

 

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

密輸は本当にされているんですね。

日本にもかなり蔓延しているのでは?と思ってしまいます。

新たな情報が入り次第更新していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。