『重慶の旅』重慶の原宿磁器口と大足石窟

長江三峡クルーズの始まりと終わりの場所『重慶』

中華人民共和国の直轄市であり、世界最大の都市ともいわれています。

重慶の人口は約3050万人と東京の3倍。面積も北海道より広いみたいです。

豆知識

中国には4つの直轄市があります。

1つは今回紹介している重慶市。

2つ目はみなさん大好き上海市。

3つ目は中国の首都北京市。

4つ目は天津市です。

今回はこの4つの直轄市の1つ重慶市を紹介していきます。

 

重慶の原宿磁器口

 

こちらが中国の原宿「磁器口」の入り口です。

なんか本物の原宿と少し似ている感じがします。笑

ところでなぜ「磁器口」を重慶の原宿というのかというと・・・

原宿のように食べ歩きができ、多くの種類のお店が立ち並んでいるからです!

(中国の友達が重慶の原宿といっていました・・・)

 

磁器口ってなに?

 

明・清の時代、磁器づくりが盛んに行われており、この場所はその磁器の搬送が

盛んだったことから磁器が出荷される場所=磁器口と呼ばれるようになりました。

現在は、下町風情が残る街並みが人気となり、観光客に人気のスポットとなっております。

 

磁器口の様子

 

左右にある建物は、全て食べ物屋さんです。

様々な種類の中国名物(重慶名物)を食べることができます。

この通りは服も売っています。

ここがメイン通りです。

食べ歩きでき、珍しいお土産も買うことができます。

重慶の原宿はあながち間違いではないのかもしてません。

三国志好きは一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。

「張飛牛肉」

こちらは四川省の名物ですが、三国志の張飛とは一切関係ないみたいです。

中国といえば臭豆腐!!

でもおそらく皆さんいい印象は持ってないですよね。

そりゃ名前に「臭」なんて書いてあったらいい印象は持ちませんよね。

実際どうだったのかというと・・・

ご想像にお任せします。僕の口からは何も言えません。。。

 

磁器口は原宿のように意外とすぐ終わってしまします。

お昼にきて食べ歩きをして、少し休んで、お土産を買う

とまあこんな風に軽い気持ちで行きましょう!

ここでは、四川名物をたくさん味わうことができます。火鍋は是非食べてみてください。とても辛いです。

またお茶も多く取り揃えているので、興味のある方は、

お店の中に入り、いろいろ物色してみてください!

 

大足石窟

 

日本語では大足石刻(だいそくせっこく)といい仏教石刻です。

1999年にユネスコの世界文化遺産に登録されました。

このような大足石刻が至る所にあります。

これらは9世紀~13世紀に造られたもので、1900年代に発見されるまで

なんと野ざらしになっていました。

 

世界文化遺産の石刻を全てみせます。

 

こちらから歩いて石刻まで行きます。

ご覧の通り歩くと気が遠くなるほど時間がかかりそうなので

観光用のバスに乗り入場ゲートへ向かいます。

 

こちらも有名なものらしいのですが忘れてしまいました。

ここを通り抜けるとついに大足石刻へ

 

これ、実は1枚の石を削って作られました。

人間技とは思えない仕上がりです。

これ置物じゃないんですよ。

巨大な石をひたすら削って作られているんです!!!

色を塗っていない箇所も仏が彫られているのが分かりますか?

メインとなる仏様から、バックの小さい仏まで、細部まできれいに仕上げています。

各石刻にはそれぞれコンセプトがあるみたいなのですが、

こちらが1番わかりやすいと思います。

これは、地獄の世界を表しています。

浮気をしたり、物を盗んだり、家畜を殺したり、豚肉、牛肉等を食べた人は

地獄に送られます。

それってだいたいの人が地獄に行くじゃん・・・

 

こちらは、くり抜いた岩の中に仏さまを作り出しました。

2枚目の写真を見ていただければわかると思いますが、繋がっていますよね。

仏陀の涅槃像

 

全長31mもある仏陀の涅槃像

一番有名な石刻です。

僕が行ったときは、改修工事をしていたため、全体は観ることはできませんでした。

1年前にいたので、今でしたら見ることは可能だと思います。

 

千手観音像

 

金箔があしらわれた千手観音像。

実際に手は1000本以上あるそうです。

横から撮影したものです。

無数の手があります。

豆知識2

実は全ての手には、目が描かれています。

少し怖いですけど、生で見たら迫力があり、沈黙してしまいました。

これは見る価値ありです!!

 

こちらの石刻も負けてはいません。

独特なデザインが施されています。

これも1つの岩から造られたものです。

こちらの円の中は、輪廻転生を描いているとか。間違ってたらすいません。)

いたるところに石刻があります。

 

 

この石刻たちは、先ほどと同じように、くり抜かれた岩の中に造られたものですが

先ほどとはスケールが違いますね。

細部まで彫刻が施されております。いったい何年かかるんでしょうかね。

 

大足石刻はこれでおしまいです。

写真では伝わりにくいかもしれませんが、実際に見ると、細かいとこまで繊細に作られており、

また、その石刻には、全てに意味があり、それを理解しながら見ると余計感動すると思います。

長年、風雨にさらされながらも、損傷は少なく当時のままの姿を見ることができます。

 

こちらの所要時間は3時間程度と考えてください。

 

おわりに

 

いかがでしたでしょうか。

重慶は歴史的遺産が豊富にあり、また都市としては、世界でも最高レベルの場所です。

僕が今回紹介したのは、重慶のほんの1部でしかありません。

是非自分の目で確かめ、感じ、中国を満喫してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。