新卒リーマンの情報発信室

事件の速報や旅行ネタ等幅広く情報をお伝えします

中国旅行

【中国のオススメホテル】安心・安全・快適なホテルを紹介

投稿日:2018年8月20日 更新日:

中国のホテルはなにを基準に選べばいいの?

以前、中国のホテルを決める際のポイントを3つ、上記の記事で

ご紹介しました。

さて今回は、実際に僕が行ったホテルの中でも

安心・安全・快適だったホテルを4つ紹介したいと思います。

スポンサーリンク

 

樊城漢江国際大酒店

 

樊城漢江国際大酒店は、名の通り湖北省の樊城区にあるホテルです。

こちらのホテルは4つ星ホテルです。

(酒店は日本語でホテル)

2002年に開業したホテルで、襄陽駅からも近く、立地も文句なしです。

 

 

フロントの様子です。

なんとも豪華な内装ですね。

フロントが綺麗なところはそれだけで信用できます。

 

 

スウィートルームのような室内。

僕は一緒に行った友人と2人で泊まりました。

2人で入っても十分な広さです。

Wi-Fiもあり、お水も人数分無料で提供してくれます。

 

でも日本人って結構トイレやお風呂場を気にしがちですよね。

もちろんこちらのホテルはユニットバスですが、

バスルームはとても広く、掃除もかなり丁寧にしてくれています。

シャンプーボディソープは用意されています。

また、

24時間ルームサービスが可能というのも大きな利点だと思います。

ほてるないには、レストラン、マッサージ、ヘアサロン等も併設

されています。

 

 

ホテルから撮った襄陽の町並みです。

ホテルは何階まであるか忘れてしまいましたが、見晴らしはとてもいいです。

中国の郊外には高層ビルが少ないので、少し高いところへ行けば

夜景なども楽しむことができます。

僕がこちらのホテルをオススメする理由は下記の通りです。

・ルームメイクが隅々ま丁寧にされている。

・安い

・スタッフが英語対応可能

・アメニティが充実している。

 

アメニティはバスローブやらお洒落なシャンプーやら

すごくお洒落でした。

もちろん歯ブラシや歯磨き粉、ドライヤー等もあります。

悪かった点として

衛星放送があるとのことでしたが、テレビを見ることができませんでした。

テレビ以外は全て素晴らしいです。

もちろん、朝食や夕食もつけることができます。

 

 

 

料金;288元〜470元(日本円;4900円〜8000円)
※時期によって値段は変わります。
チェックイン;14時〜
チェックアウト;12時まで

成都羅曼大酒店

 

こちらは蜀の都成都にあるホテル。「ルオマングランドホテル」と読みます。

成都空港から車で40分くらいかかりました。

徒歩圏内に繁華街等あるので

ホテルについた後、散策するにはバッチリの場所です。

こちらのホテルは2002年にオープンしましたが、2013年に

改装されたので、比較的新しく見えるホテルです。

もちろんこちらも4つ星です。

総部屋数は、236部屋、30階のホテルです。

 

内装はそこまで漢江大酒店とは変わりません。

ただやはり豪華ですね。

僕がこちらのホテルをオススメする理由は

・スタッフの対応が神

・部屋が綺麗

の2点です。

僕はこのホテルに夜中の2時半頃着いたのですが、スタッフの方は

嫌な顔一つせず対応してくれました。

(結構嫌な顔されることは多いです・・・)

日本人並みのおもてなし精神でした。

あと、部屋が僕が中国で訪れたホテルの中で一番綺麗でした。

僕は潔癖症なので、水回りや、布団に髪の毛が落ちてないかなど

気になって確認してしまうのですが、なんと1つも落ちていませんでした。

多くのホテルは浴槽に髪の毛が落ちてたりするものですが

見事なルームメイクです。

ホテルは綺麗に越したことはないので、

僕と同じように潔癖症、綺麗すきな方にはこちらのホテルを

オススメします。

もちろんアメニティも充実しています。

 

 

料金;約500元(日本円;約8500円)

※時期によって料金は変更します。
チェックイン;14時〜
チェックアウト;12時まで

スポンサーリンク

 

漢中国貿大酒店

 

漢中の市街地にあり、ホテルの周りは飲食店、お土産やさん等

様々なものが揃っています。

このホテルがすごいのはその風貌です。

なんて近未来的な造りをしているのでしょうか・・・

初めて見たときは驚きました。

このホテルは3つ星ですが存在感は5つ星です。

 

部屋はこのようになっています。

3つ星ですが部屋の広さは4つ星と大差はありません。

僕がこちらのホテルをオススメする理由は

・4つ星ホテル並みの施設

・景色の良さ

です。

 

漢中市街地全体がこのように電飾をまとって近未来的な

場所なので、部屋から見る景色は何か不思議なものを

見ているような気分になります。

また、3つ星にも関わらず、部屋等の設備はまるで4つ星です。

違いはバスルームが少し小さくてバスタブがなく、シャワーのみ、

多少汚れていることくらいです。

部屋自体は4つ星と言われても疑わないほど綺麗で

掃除が行き届いています。

 

料金:約380元(日本円=約6500円)
※季節によって値段は変わります。
チェックイン;14時〜
チェックアウト;12時まで

 

広元剣門閣酒店

 

蜀の要塞といえば剣閣です。

その剣閣、そして漢水の近くにあるのがこちらのホテルです。

三国志ファンにはたまらない場所ではないでしょうか。

 

こちらのホテルは3つ星となります。

4つ星ホテルと比べると少し小さく感じますね。

男2人で泊まりましたが狭さは全く感じませんでした。

夜の様子です。

静かで落ち着いていて穏やかな夜を過ごすことができました。

 

このホテルを選んだのは完全に僕のツボにはまっただけなのですが・・・

・ピーナッツが置いてある。

・バスルームが部屋から丸見え(カーテンは閉めれます)

・大人のホテルにあるものがあった

 

ネタとしてはとても面白いホテルです!

3つ星ですしお部屋も綺麗です。

ただ、スタッフが中国語しか喋れないため

コミュニケーションが難しいというデメリットがあります。

 

 

料金;320元〜380元(日本円=約5500円〜6500円)

※季節によって値段は変わります。
チェックイン;14時〜
チェックアウト;12時まで

 

おわりに

 

いかがでしたでしょうか。

中国にも探せば素晴らしいホテルが沢山あります。

中国では日本のように、1人何円ではなく1部屋何元なので

複数人で行けばさらに安く泊まることもできます。

 

3つ星以上のホテルでしたらアメニティは最低限用意されています

し、Wi-Fiもあります。

 

気になるホテルがありましたら、ぜひ行ってみてください!

スポンサーリンク

-中国旅行
-, ,

執筆者:

  おすすめの記事とスポンサーリンク


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

中国への旅行での注意点10項目これを知らないと危険!

日本へ訪れる中国人は2016年に637万人に達しました。 最新のデータは不明ですが、2016年時点で訪日観光客の 1/4が中国人ということになります。 さて、日本人の中国への出国はどうなのかというと …

『三国志好き必見』実際に赤壁の戦いの地を歩いてみたpart2

『実際に赤壁の地を歩いてみた』part1では、 メインの観光スポットを紹介しました。 今回はpart2として隅々まで赤壁古戦場を紹介していきます。 目次1 八卦陣の体験1.1 八卦陣とは2 乗馬に体験 …

中国三国志葭萌関(昭化古城)〜中国四川省〜

三国志の旅、今回は葭萌関(かほうかん)をご紹介します。 葭萌関は、霍峻、馬超、張飛等が戦いをした場所として有名です。 ここも金牛道に位置しています。   目次1 葭萌関ってなに1.1 孤軍奮 …

中国三国志ツアー蜀の古道明月峡

蜀の古道は蜀の都成都から、西安まで道が続いていました。 「金牛道」と当時は言われており、蜀の領土であった益州(現在の四川省)がその道 の大半を占めていました。 現在はすべて残っているわけではなく、龐統 …

【三国志の旅】翠雲廊〜張飛が植えた古柏〜鼓動

三国志の旅。 今回は翠雲廊をご紹介します。 今回の旅で関係している三国志の人物は、蜀の「張飛」です。 張飛は劉備、関羽とともに桃園の誓いで義兄弟となり(1番年下) 死ぬまで劉備に仕えた人物。 夷陵の戦 …

プロフィール

このブログを運営していますMasaです。
基本的に事件等の速報系の記事を書いていきます。

そのほか、皆さんに役に立つ情報を書いていきますので、よろしくお願いいたします。