セブ島で死亡事故!ナガの採石場で事故で死者は50人以上と報道その真相は?

 

フィリピン・セブ島のナガの採石場で、豪雨による大規模な土砂崩れで

50人が亡くなる事故が9月21日に起きました。

 

セブは、日本人にも人気なリゾート地で、少しでも状況が分かればと思い、記事を書きました。

スポンサーリンク

 

フィリピンセブ島・ナガの場所は?

 

赤○で示した部分が、セナとなります。

マクタンが、空港がある島です。

セブの中心地から西に行ったところがセナとなります。

 

事件の概要

 

こちらは、9月21日事件翌日の記事です。

この時点で犠牲者は22人となっていますが、24日現在では、

犠牲者は50人にまで増えました。

いまだに、40人が土砂の中に埋まっているそうです。

21日時点では、行方不明者は60人だったので、確実に犠牲者は増えると思います。

 

こちらのツイートは、9月20日、現地の様子だそうです。

住宅も10棟以上が埋まってしまったそうです。

 

実は、この採石場は、土砂崩れが起きる前から、一部に亀裂が発生しており、

それでもなお、作業は中止しなかったそうです。

幸い、邦人で犠牲者が出たという情報は入っていません。

スポンサーリンク

 

おわりに

 

一日も早く、行方不明者が見つかることを願います。

しかし、日本と違い、すぐに重機を使えないという状況であり、

事故から4日が経過しようとしています。

40人の行方不明者が助かる可能性は、現時点ではとても低いと思います。

しかし、諦めず救出作業を続け、行方不明者全員を見つけてほしいです。

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。