BTS東日本大震災を侮辱する動画「run」を公開!衝撃の事実発見!

原爆Tシャツやブルゾン、ハーケンクロイツのナチス帽を着用していたとして、

世界的(特に日本)にバッシングを受けている

韓国アイドル防弾少年団(以降BTS)が新たな反日行為をしてることが明らかとなりました。

これまで、BTS原爆ブルゾン着用BTSハーケンクロイツナチス帽着用

といった行為をしてきましたが、今回は東日本大震災をネタにしたミュージックビデオを制作していたとして話題になっています。

 

今回は、話題のミュージックビデオ「run」についてまとめてみました。

スポンサーリンク

 

BTS東日本大震災をネタにしたMVを公開していたことが判明

 

 

 

今回日本を侮辱した行為として、

東日本大震災をネタにして作られたMVがありました。

タイトルは「run」でわざわざJapanese ver.も用意してくれていたということです。

 

なぜ問題になったのか。

 

このMVが公開されたのが2016年3月11日となっています。

東日本大震災発生前の3月11日なら問題ないのですが、

大震災以降の3月11日を狙ってこの動画を公開したことに悪意を感じます。

 

また、内容が水槽の中の男性が溺れて苦しんでいる姿を何秒にもわたって映しています。

水から出ようとしても出れない状態がまさに津波で亡くなった方を彷彿させます。

 

質が悪いのは、Japanese ver.だけにこの映像が取り入れられています。

もちろんKorean ver.の動画もありますが、

男性が水槽の中でもがき苦しんでいる描写はほとんどありません。

スポンサーリンク

 

問題のMV「run」

 

では、問題となっている「run」を実際に見ていきましょう。

 

こちらが、Japanese ver.の「run」のMVです。

周囲には、血やガラスが散らばっており、全体的に暗いイメージがあります。

また、映像もとても閉鎖的で曲のイメージとは真逆ではないでしょうか。

 

 

 

こちらが、Korean ver.の「run」です。

確かに一部男性が水に飛び込む描写がありますが、

日本の動画みたいに、水槽から抜け出せない描写や、長時間にわたっての描写がありません。

水の描写はほんの1秒ほどでカットされています。

 

また、日本の動画とは違い、MV自体が明るい印象にあります。

最後にみんなで走り出すところなんてまさしく「run」ですね。

 

同じ曲のMVなのに、ここまで違うのはなぜでしょうか。

ちなみに韓国版「run」のMVは2015年11月29日に公開されています。

スポンサーリンク

 

日本人の反応は?

 

スポンサーリンク

 

おわりに

 

いかがでしたでしょうか。

ファンとアンチ(一般的な思考の人たち?)との論争が繰り広げられています。

 

確かに気にしすぎな面もあると思いますが、

韓国バージョンと日本バージョンがここまで違うのは

明らかに何かしらの意図があってのことです。

 

理由なしにここまで正反対の映像を作ったとしたら、それはそれでおかしいですけどね(笑)

 

またなにかBTSがやらかしたときはおって、更新していきます!

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。