海老名市ブラジル人死亡顔画像特定?逮捕後意識を失う 薬物を使用していたか

 

4月7日午前2時過ぎ、

神奈川県海老名市のさがみ野駅交番で、

ブラジル国籍の男が、突然パイプイスを

警官に投げつけるなどして暴れたため、

公務執行妨害で現行犯逮捕されました。

 

警察官はこの時男を2人がかりで押さえつけたところ、

男は意識を失い搬送先の病院で亡くなりました

 

一体何が起きたのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

海老名市ブラジル国籍の男が交番で突然意識がなくなる

 

 

交番で暴れ警察官2人に制圧されたブラジル国籍の男が、現行犯逮捕されたのち、容体が急変し死亡した。
7日午前2時すぎ、神奈川・海老名市のさがみ野駅前交番で、ブラジル人の男(39)が、警察官にパイプ椅子を投げつけるなどして現行犯逮捕されたが、警察官2人に制圧されたのち、まもなく容体が急変し、死亡した。
神奈川県警によると、男がかなり暴れたため、警察官2人が上半身と足を押さえつけたとしている。
参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20190407-00415771-fnn-soci

 

スポンサーリンク

 

男が死亡した交番

 

ブラジル国籍の男が亡くなった交番はどこだったのでしょうか。


参照元:FNN映像

男が逮捕されたのは、

神奈川県海老名市の相鉄線さがみ野駅前の交番です。

グーグルマップではまだ交番はできていませんでした。

 

交番にはブラジル国籍の男を抑えるために

7人の警察官がおり、2人ずつ交代で押さえつけていたということです。

 

スポンサーリンク

 

亡くなったブラジル国籍の男について

 

現在までに明らかとなっている

ブラジル国籍の男についての情報をまとめてみました。

 

名前 不明
年齢 39歳
国籍 ブラジル
住所 神奈川県海老名市
職業 不明
容疑 公務執行妨害

 

男はおそらく交番の近くに住んでいる可能性があります。

男は突然交番に訪れたということで、

なぜ訪れたのか、また死因もわかっておりません。

また顔画像等も現在公開されていません。

新たな情報が入り次第更新していきます。

 

スポンサーリンク

 

事件の詳細

 

事件発生日 4月7日午前2時15分頃
犯行現場 神奈川県海老名市さがみ野駅前交番
犯行内容 警察官の顔を殴ったりパイプイスを投げつける等

 

男は突然さがみ野駅前交番に訪れ、

交番内にいた男性巡査部長の顔を殴る、

「おせーよ」と怒鳴りながらパイプ椅子を投げる

等の行為をしたため、現行犯逮捕されました。

 

その後警察官が10分間、男の上半身と足を交代制で抑えていたようですが、

突然男は意識を失ったということです。

押さえつけてから10分後に呼吸が弱まり、

顔面蒼白になりました。

男は午前3時25分に亡くなりました。

 

スポンサーリンク

 

男は薬物を使用していた?

 

まずおかしな点が、なぜ男は交番に突然訪れたのかということです。

午前2時15分という夜遅い時間に普通の人はそのような行為はしないでしょう。

 

やけに興奮している様子が伺えます。

アルコールではないような気がしますね。

 

取り押さえた警察官も

「押さえつけ方が特段激しかったわけではない。通常の対応範囲内だった」としています。

 

薬を使用していた可能性については、司法解剖をしないとわからないことでしょう。

7人の警官がいて、押さえつけ方も通常の対応の範囲内というのが本当なら、

警察官に非はないでしょう。

 

男は何かしらの薬物を使用しており、副作用で呼吸が止まったのではないでしょうか。

だんだんと呼吸機能が低下していったように思います。

押さえつけられたことによる症状ではないです。

 

スポンサーリンク

 

おわりに

 

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

現在死因はわかっていないということで、

司法解剖や病理解剖等で何かしらの情報は出てくるはずです。

新たな情報が入り次第更新していきます。

1 個のコメント

  • 警察は心臓圧迫と言いましたが、医者は彼の奥さんに “交番にいる時点で窒息死している” と診断結果を伝えられました。
    4人以上が体に乗らないと、そうはならないはずとの事です。
    警察は、この事を何とか誤魔化そうとしています。
    さがみ野交番にカメラがついていないという事も、日本であり得ないです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。