ブルーライン脱線事故理由は?下飯田駅〜立場駅で発生 現場の様子は?

 

6月6日午前5時20分頃、

横浜市営地下鉄ブルーライン下飯田駅で

脱線事故が発生しました。

この電車は6両編成でそのうち前方4両が

脱線したということです。

幸いけが人は出ていません。

現場の様子をまとめてみました。

 

スポンサーリンク

 

横浜市営地下鉄ブルーライン下飯田駅で脱線事故

 

 

6日午前5時20分ごろ、横浜市泉区の横浜市営地下鉄ブルーラインの下飯田駅付近で、下飯田駅発あざみ野行き始発列車が、下飯田駅を発車して約100メートルの地点で脱線した。神奈川県警泉署によると、乗客約120~130人にけがはなかったという。
同署によると、横浜市営地下鉄は事故の影響で一時全線で運転を見合わせたが、同日午前6時40分ごろから一部区間で運転を再開。同市泉区の踊場駅と同市青葉区のあざみ野駅間で、折り返し運転を行っているという。
参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190606-00000010-mai-soci

 

スポンサーリンク

 

脱線事故の現場の様子

 

ツイッターに投稿された現場の様子をまとめました。

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク

 

脱線理由

 

脱線理由は現在調査中です。

新たな情報が入り次第更新していきます。

 

 

脱線理由はレール上に置き忘れた装置だったということです。

 

横浜市交通局によりますと、6日未明に工事用車両を通すための装置を点検した際、この装置をレールの上に置いたまま撤去し忘れ、そこに始発電車が乗り上げたとみられるということ。

 

スポンサーリンク

 

おわりに

 

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

けが人が出なかったのが不幸中の幸いですね。

原因がわかり次第更新していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。